そう言えば・・・。



少なくとも、この1年ちょっと忘れていたかも。
そういえば、乳がん患者だった。

そう思いついたのは
まおさんのブログを見るようになってからだ。

そうそう、
私もしこりを見つけたのは末っ子の断乳後すぐ。
実は末っ子がお腹にいる6カ月の時、
脇にぽっこりした膨らみを見つけ、
検診の時に助産師さんに話すと
「副乳」じゃないかと。
先生に診てもらおうか?の助産師さんに
副乳に安心してか、
恥ずかしくて嫌だったのか、
「大丈夫です」って言ってしまった。

それから1年半後、
しぼんだおっぱいにとても嫌な固さのしこり。
すぐ嫌な予感がしたし、
もし癌だったら
おっぱいを飲み続けた末っ子への影響は??

検査結果が出るまで
目が覚めると
しこりは夢の出来事だったんじゃないかと
毎朝おっぱいのしこりを探った。

あの頃の感情が
ものすごく不安定な毎日だったはずなのに
鮮明な記憶でない。



ABぞうさんのブログも見ていると
だんなも毎日一人で
子どもたちのことと仕事と私のことと
てんてこ舞いだったんだろうなって思う。
ABぞうさんのブログを一緒に見て、
あの頃のこと、語り合えないのが、
あの頃のだんなの気持ちが聞けないのが悔しい。
だんなとABぞうさんでは似ても似つかないけど(笑)
(私とまおさんはほんのちょっとだけサイズが違うのと
私が整っていないくらい・笑・・ほんのちょっとだけ)


この10年、
周囲の人たちは私が元気でいることだけを
願っていてくれた。
そして、乳がん10年の卒業を見届け、
だんなが逝ってしまうなんてね。

おっぱいの影響を心配してた末っ子は中学生に。
上2人にはなかった反抗期で
自分が地球を回している状態(笑)
いつかとても高い壁にぶち当たっても
きっと「何くそ」と負けない根性も備わってるはず。
だって、同じニオイがするもの。

相変わらず、
毎日毎日必死。
でも、
乳がんだったこと
忘れちゃだめだ。
「もう大丈夫」はないから。

ひとまず、
伸びきったくたびれたブラジャーを
新調しなきゃ。
若々しく加工しないとだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード