七夕。

長女は7時の電車で通っているので、
出かけるときはちょうど朝ごはん中。
毎朝、玄関で末っ子と見送るのですが、
今朝の会話。

末っ子、
「ねぇ、赤ちゃんっておケツから生まれるの?
父ちゃんがね、kosuke(末っ子)はおケツから生まれたから
本当は、『うんkosuke』って言うんだよ、って言ってた」

すかさず、長女
「よし、じゃあ、今日から略して「うんko」だ、
じゃなな、うんko」

末っ子
「おう、気をつけて行けよ」

一人ツボにはまる母。
そうそう、だんなってこんなことよく子どもたちに言ってた。
末っ子に
「ごめんね、kosukeだけお父さんから生まれたんだよ」
とか。

こんなさりげない(内容は別として)会話に
とてもとても助けられている毎日。
まだまだ時間がかかるし、
今日が良くてもまた明日がダメだったり、
そんな繰り返しだけど、
「明けない夜はない」
「やまない雨はない」
10年前、勉強したはずだ。


今日は七夕。
例年通り、お星さまは見えません。
雨が降ってないだけいいか。

だんなが生まれた51年前の今日は、
星降る夜で、天の川がきれいに見えていたという。

「ひこ星さま、たまには会いにおいでよね」



昨日は長女が、今日は長男が、
お父さんのプレゼントにコーラを買ってきてくれた。
こんなことに泣いてるようじゃダメなんだけど、
子どもたちの想いやら成長やらが、
だんなの子どもたちへの愛情の大きさに
近づいてきていて嬉しい。

やっぱり、
あなたに出会えてよかった。


IMG_1202_convert_20150707223727.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

数日前の読売新聞の読者の欄に、こんな投稿が載っていました。

〝主人の一番の自慢は7月7日に生まれたことでした。毎年、毎年とてもうれしそうでした。今年は、あなたはいないけれど、私と娘でお祝いをします・・・〟

ぱこみこさんと同じ七夕を迎えたかたもいるのですね。

末っ子ちゃんも、お嬢さまも、すばらしい。
これからは、3人のお子さんの言葉や表情、しぐさ、性格の中から、
いっぱいいっぱいの、だんなさまのDNAを発見することでしょう。

ずっと一緒ということですね。

ブログを更新されているのを、無理しないで・・って言いたいところですが、
とにかく、日常を積み重ねて行くしかないのかもしれませんね。
お体、お大事に。


プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード