2015。

あけましておめでとうございます。
今年も元気に過ごしていけたらと思います。
今年もよろしくお願いします。

2015年が明けて、
もう10日も過ぎていました。

1日に義父を施設に送って行きました。
31日、夕飯をみんなで食べようと思ったのですが、
いつものようにベッドで食べると言うので、
みんなで義父のベッドの横で、
乾杯をしました。
ほんのちょっとのお神酒を口にし、
寝転んだ方が飲み込みやすいと言うので、
寝ている義父の口に、
「じじぃ、お刺身だよ~」などと
みんなで一口ずつ代りばんこに運んだり。
毎年恒例、義父の
「あ~~~、いい正月だったね~~」で
締めくくり、
私たちの遅い夕飯となりました。

なんだか認知症ってなんだ?ってくらい
普通の義父ですが、
9時過ぎに薬を飲ませに部屋に行くと、
「子どもたちは?もう終わったの?クリスマスパーティー?」
え~~、じじぃ、さっき年取りしたんだよ~
いい正月だったっていったじゃん??
と笑いながら言うと義父も爆笑。

きっとカレンダーが12月だからだね、
と新しいカレンダーにすると
「退院する時またしまわないといけないから
掛けなくてもいいよ」と・・・
じじぃ~、うちに帰ってきたんだよ~~
また二人で爆笑・・・
こんな病気なんですね。

今日、
施設に面会に行ってきました。
職員の方はみな、
「穏やかに静かに過ごされてますよ~」
義父は元の性格もありますが、
電気もつけず、外がまぶしいからとカーテンもあけず
横になっていることが入院の頃からありました。

会話が途絶えた時に
「ここにいても良くはならないから
家に帰りたい。
家にいてもここにいてもおんなじ。
もうそんなに長くはないから、
家で過ごしたい」
言語障害?なのか、
なかなか出てこない言葉を一つ一つつなげながら。
認知症であることを告げてはいないので、
何かの病気が進行していると思っているのかな。

義父の一言が
悶々と頭の中で回っています。
なんだかベタだけど、
家族ってなんだ、とか
みんなが「今までどおり」に暮らせるには、とか
しばらく難問と悪戦苦闘しそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード