バカ母の心情。

お彼岸にお参りに行けないから、

3月10日に実家に行って来た時のこと。

その時に父から長男に、

「これでバット買いな。

足りなかったらお母さんから出してもらってな」

とお小遣いをもらったのでした。

なんでこうなったかと言うと、

年末、長男用に、

野球風景を入れて作った年賀状があまったので

「新しいバットがほしいなぁ~~~~~」

と書いて(正確には「書かせて」)父宛に出したのでした。

年賀状は、私たちがお正月に行った後に着いたらしく、

バットが欲しいなんて書いたことを、

私も長男もすっかり忘れていたので、

しばし「きょとん」だったのですが、

長男はとても喜んでいました。

私も嬉しかったです。


で、先週スポーツショップへ行って買ってきました。

店員さんに振ってみてもいいか尋ねると、

思い切り振れるようにとゴルフの試打コーナーまで案内してくれ、

吟味して購入。

だが、しかし、かかし・・・

どうもそれは大人用のバットだったらしく、

みんなが持っているのより200gほど重いらしく、

指導陣から振り遅れやバットに振られてると苦笑いされたようで・・・

私もだんなも道具は全くわからないから、

長男に任せて買ってしまったのも悪いのだけど、

コーチの苦笑いに、

相変わらず負けん気の私のスイッチが入り、

「いいんだよ、あんたが使いこなせばいいんだから。

大人用でおかしかったら、店員さんだって何か言ってくれたはずだし、

タイミング取れて打てればいいだけのことだから、

とにかくこの1週間は素振りして自分のものにしなよ。

頑張らないと、ほ~ら見ろ、って言われるだけだから」

と長男のケツをたたきましたとも。

そして、だんなに、

素振りの時にバットにつける重りをネットで購入してもらい、

この1週間長男は重りをつけて素振りを頑張りました。

多分・・・ね。

明日は、雪のないところまで練習試合に行きます。

どんなもんだか、だんなと見に行くつもりです。

だって、

私たち子どもに何もしてくれなかった父が買ってくれたバットです。

長男には全くそんな気持ちはないだろうけど、

私にとってはたとえ間違った道具だとしても、

他人に笑われちゃうのはね・・・

こんな気持ちから、

長男を頑張らせてしまってることにも反省なのだけど・・・

複雑な心境の中、

我が家にも球春到来です。





IMG_0983_convert_20130330114533.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード