お母さんについて行く。



先週の金曜日は何をしてても寒く、

とっても冷えた一日でした。

昨日は曇っていて見えなかったけど、

越後三山も白くなり、

冬が一日一日と近づいています。



さて、

先週の出来事。

ひょんなことから、だんなとケンカ。

ケンカと言うか、たわいもない「事件」発覚に

だんなは最初とぼけ、そしてウソをついた。

とっさにそんな態度を取ったことに、

一方的に私が呆れ、切れたと言う訳。

「事件」はどこかへいき、

だんなが取った態度が問題な訳で・・・。

しかも、

その日のうちに弁解でもしてくるかと思いきや、

私が風呂に入っているうちに寝てたし。

はっきり話し合いもなく、

何となくお蔵入り。

でも、こんな曖昧なことがいくつかあり、

・・・義父や義姉のことなど・・・

ふと思い出しては、イライラややり切れなさや怒りを、

一人、種火を灯しては鎮火する、なんてことを何度繰り返してきたか。

それでも、いつもの「妻」であり、

「母」であり、「嫁」であり・・・。

そんないつもの「母」が、

夕飯の後片付けをしながら長男に聞いてみた。

「もし、お母さんとお父さん離婚したら、

あんたはどっちと暮らす?」

かなりシビアな質問だけど、長男はいつもの口調で、

「そうなんだよね、だからさ、いつも迷うんだけど、

お母さんについて行けばご飯の心配はいらないし、

お父さんについて行けば野球のことで困らないし、

悩むんだよね~。

もしさ、お父さんだったらどうする?」

と横にいた父に変な質問をする長男。

「お父さんはお母さんについて行くよ。」

大爆笑でしたけどね・・・。

長男が言った「いつも迷う」とか「悩む」って、

どんだけ両親の離婚のシュミレーションしてるんだよ。

「事件」後、特別険悪な空気や嫌な態度を取ってきた訳ではないけど、

子どもたちを不安にさせるようなことはしちゃいけないと、

改めて思った出来ごとです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どこもおんなじだなあ

わかるなあ~。普段別に夫婦仲悪くはないんだけど、
たまにめっちゃ腹立つことあり。
そうかあ、ぱこみこさんはとうとう息子ちゃんに聞いてしまったかあ。
私も娘に聞いてみたいと思うけどねi-229
でも確かに子供にそんなこと考えさせないように日々おだやかでいないとね。

それにしてもやっぱぱこみこさんちのダンナさんは憎めないわあv-218

くりりんさんへ


ほんとに、実行までは到底できないけど(あったら困るけど)、殺意を覚えた時も1度ではないなぁ。
しかも、くっだらない原因から・・・

空気のような存在になってくると、「愛情」ではないし、「相情」?「哀情」か?
でも、きっとだんなも同じような感情よね。

夫婦の「栄養」ってなんだろうね・・・
やっぱ無理をしてでも「肌を重ねること」か(爆笑)
おばちゃんの会話みたいだけど、実はこれって大事なのかも。
いつかブログネタにしてみる、うんうん。

とぼけただんなは、くやしいけど「座布団一枚」です。
プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード