なんだかなぁ、なこと。

雨です。

2月の雨なんて、子どもの頃にはありえませんでした。

今日は朝起きて「あったかい」と思ったのですが、

市の情報では今朝は-4.3度。

昨日は-7.0度ですからあったかいことはあったかい・・・

もうマヒしちゃってるんだなぁ、体が。

今も雨がいい感じで降っているので、長男の午後からのスキー授業は中止か。

先週、あの地吹雪の中、スキー場まで歩き、リフトも止まらなかったって言うから、

雪国の子も設備もさすがです。



さて、

今日はちょっとモヤってることを・・・

土曜日にこの地域のバレーの新人戦がありました。

長女たち6年生は応援、私も応援部隊として行って来ました。

だらだら書くと長くなり、私の性格でネチネチ書いてしまいそうなので(笑)

さらっと書きますが・・・

要するに、5年生のある子の保護者Kさんが自分の子のミスは「惜しい、ドンマイ」

自分以外の子のミスは「なにやってんだよ~、取れるよ、取れ!!」

今までは6年生がレギュラーだったので知らなかったのですが、

あまりの豹変ぶりにびっくり。

帰りの車中では長女も聞いていたらしく

「褒めるの自分の子だけなんだよ」

6年生にまで「おかしい」と思われる言動ってどうなんでしょう。

実は昨年の6年生の保護者にもそんな人がいて、

チームの応援も保護者がまとまって応援することもなく、

バラバラな保護者会だったのでした。

そんな経緯から、私たちは一つになろうと、

現6年・5年の保護者で仲を深めてきたのでした。

試合中の子どもたちのミスも、絶対中傷なんてしません。

ベンチのコーチ陣が怒鳴っていても、保護者は応援席から「ドンマイ、切り替えろ」

それはミスした子の保護者以外が必ず声をかけ、エールを送ってきたのです。

「甘いな、だから勝てないんだよ」

そう言われるかもしれません。

でも、ミスを指摘したところで切り替えれるような上級チームでもなく、

ただ、平常心で、練習の時のように、でいかに試合に臨めるかのレベルのチーム。

全員を中傷するならまだわかりますが、どうも保護者を見て言える子と言えない子がいるらしく、

コーチの子どもには一番ミスが目立っても何も言わず、

おとなしいママの子どもには、隣にママがいるのにミスを中傷・・・

まともな人には、私も黙っていないのですが、こういう人って何を言っても響かない。

実は、学校でも何かとすぐ先生に電話をしたり、学級懇談会なんてものすごい発言らしく、

いやはやさすがの私も、ただただ5年生の保護者には「大変だね」しか言えない。

でも、Kさんの言動に「やだよー」とメールしてきた仲良しの5年生ママに

「Kさんはしょうがないからほっときな。

でも、それ以外の保護者は一つにならないとダメだよ。

保護者がまとまってないと子どもたちだって頑張れないから。

頑張れ」

エールにならない「他人事メール」送りました。

いやぁ、久々に「強烈女」と出会いました。

困ったね~、と悶々とする半面、

これからどんな言動が出るのかワクワクしてる自分もいて、

「同学年じゃなくて良かった~」と真顔で思う本音。

つくづく「ワイドショーおばさん」なんだな、私・・・

そして、結局ダラダラ、ネチネチ書いてしまった、Kさん如きに。

なんだかなぁ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード