母のこと。



母は先月70歳になりました。

ほんとに、びっくりってか、あきれるほどの天然楽天家です。

反抗期の頃は、まじめにこの「天然楽天」にムカついてかみついてばかりでした。




ついこの夏の話。

1週間実家でお世話になっていた長男と末っ子を迎えに行く日の朝。

1泊してくるので、義父のごはんの準備やそうじ、お盆だったので義母の好きだったぼたもちを作ったりしていました。

そのぼたもちは、実家の仏壇にもお供えしたかったから・・・

すると、母から電話。

大雨警報が出てるから早く出かけてくるようにとのこと。

でも、こちらにはこちらの都合もあるから、出掛けるのは午後になりそうと言うと、後で姪っ子が

「『バカ娘!親の心、子知らず』っておばーちゃんが言ってる」

と母を代弁してメールしてきました。

私も一応嫁だし、義父は何も言わないけど、きちんとして出掛けたいからそうじもしたい。

実家に行くからって、義父のごはんをあまりものだけ用意するというのも気がひける・・・もちろん義父は何も言わないけど。

これって、嫁歴長い、母の無言の教えだと思っていたのに・・・

結局、どこまで車を走らせても青空のいい天気でした。

実家に着いて、この辺だけが大雨警報でてたのではないかと聞くと

「いやっ、今朝の新聞に『県内、今日も大雨のおそれ』ってあったからさぁ・・・」

新聞って・・・テレビの速報が流れたのならわかるけど

しかも昨日だって、たいした雨降ってなかったでしょ

なんで私が怒っているのかも全く理解せず、本人はいたってマジメに心配しているんですけども、何かがずれている

O型の母とA型の私、血液型の違いか、と思っていたのですが・・・

乳癌の告知を受けても、寝れないことや食べれないこともなく、脱毛が始まってハゲ頭を武器にだんなを呼吸困難にさせるまで笑わせたり・・・

「かなり、母譲りなのか、私。」

と感謝の意も覚えたりしています。

が、反抗期に長女にかみつかれない程度でいようとは思っていますが
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード