カラスったら・・・。

今日は朝から雨・・・

なんだか梅雨のにおいがする
そんな季節なのですね。

「春」は何処へ・・・





佐渡の朱鷺の自然ふ化が、今か今かと待たれています。

なのに・・・
さっきのニュースで、今朝、あたためられていた2個の卵をオスメスが巣を離れた途端、カラスに奪われました

「なんでこんなことするんだろう・・・」

怒りさえこみあげてきますが、これが自然界なのですもんね。

巣にもどって、さっきまであたためていた卵がないことに、きょろきょろしている親朱鷺の姿が何とも切なかったです。


近所の小さな川にも、カルガモ?の親子の姿が見られたそうです。
お母さんの後を8羽のちびっこがついていくほほえましい姿。
近くの木にはカラスが止まっていて、見ていた人は
「怪しいなぁ・・・」
と思っていたのだそうですが、次の日の朝見ると、ちびっこは5羽になっていたそうで・・・

「き、厳しい

知らなかっただけで、こんな世界なのですね。


カラスの話題にのって・・・

昨日、歯医者さんだったのですが、治療中に携帯のバイブがブルブルと。
終わってから見ると、母からです。

めったに携帯に電話してこないのに、なんだろうと思ったのですが、きっと家の留守電に

「はーい、○○(母の名前)、あらぁ、どこにでかけてるんだろうねー、まっ、いいわっ・・・じゃぁ、また電話するか・・・」

いつもの「留守電なのに、会話口調」で入ってると思っていたのですが、それも、ない。

逆に気になり、電話すると

「あらっ、元気なの?カラス鳴きが悪いから、もしかして具合悪いのかと思って・・・」

なんでも、山に田んぼがあるんですが、田んぼ仕事をしていると、カラスがよく鳴くらしく。
確かに、気持ち悪い鳴き方をする時があるんです。
実家の方では、カラスが鳴くと何か不幸があるんじゃないかと言われています。
母は、何かと私を心配してなのでしょうが、今回も

「順番は守りますからご安心を

と電話を切りました。
笑い転げてましたけど・・・

カラスもあんな鳴き声じゃなかったら、不幸に結びつかないかもしれないのに・・・
ダースダックスとまではいかなくても、もう少しね

明日は病院です。
進級できるかな、久々に緊張しています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード