いちごのショートケーキ。

IMG_1726_convert_20100310230516.jpg


今月末は、ばーちゃんの命日。
7年前、ばーちゃんは亡くなりました。

3月に入ってすぐ、ばーちゃんが危ないと母から連絡がきました。
義姉の家にだんなは義母と出かけていた時だったので、悩んだのだけど、長女と長男を連れ、車で出かけていきました。

実家に着いた時には、往診が終わり、ばーちゃんも落ち着いた時でした。
その日は、落ち着いたばーちゃんと少し話をして帰りました。

1週間後、また実家に向かいました。
その日はお土産に、いちごのショートケーキを買って行きました。

ばーちゃんは隣に置いたポータブルトイレで用を足すことはできますが、後は寝たきりすずめです。
ぼさぼさの伸びきった髪がキモチ悪いと言うので、寝かせたまま、髪を短くカットしました。
思い切ってお風呂に入ろうと誘ったのですが、無理だというので、ぬれタオルでよく拭きました。

着替えてベッドに寝かせると、すっきり顔をしています。
ケーキをあげようと思ったのですが、その時、子供達の顔が思い浮かび・・・

「アイス食べる?」と聞くと食べたいと言うので、雪見だいふくを持っていくと、「おいしい」と言って食べました。
ケーキはまた今度、いっぱい買った時にばーちゃんにあげようと思いながら・・・

その1週間後、ばーちゃんは逝ってしまいました。
ちゃんとお別れも出来ないまま、ケーキもあげれないまま・・・


ふっとした時・・・
たとえば、一人車に乗っている時、ばーちゃんのことを思い出す時があります。
このケーキをあげれなかったことが、体の内側をぎゅーっと鷲掴みにされたみたいに、痛く、涙がとめどなくあふれます。
この感情は、しばらくとめることが出来ません。

今日はばーちゃんの誕生日。
ばーちゃん子だった私には、大切な存在の人でした。
ばーちゃん、いつも見守ってくれてありがと
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もばーちゃんの事を思い出すと、胸がチクチクと痛む時があるの。
ばーちゃんは私の事、とってもとっても大切に愛してくれたのに
私がしてあげられた事はほんのちょっとで・・・
ぱこみこさんみたいにもっとたくさん大事にしてあげれば良かった。

うちのばーちゃんも、ぱこみこさんのばーちゃんも
空から優しく見守ってくれてるんだろうね。

No title

お祖母さまは自宅で亡くなられたのですか
それも、お孫さんと話したり、雪見大福食べたり
なんとお幸せなことでしょう
私も、ぱこみこさんのお祖母ちゃまのように逝きたいよ

ぱこみこさんの病気のときは
あちらから、応援してくれてたと思います。

hitoさんへ

hitoさんも優しいばーちゃんがいたのね。
ばーちゃんってさ、何とも言えないやわらかさを持った存在だよね。
母親にとってばーちゃんは大変な姑だったのだけど、私は小さいころから可愛がってもらってたから、ちょっと複雑だった。

乳癌になっても、今、楽しくいられるのは見守ってるばーちゃんのおかげだよね。

てこなさんへ

ばーちゃんは、動けなくなってから、夜は父(長男)が同じ部屋で寝て、ひ孫(姪)とも同居で、時々伯母やいとこが様子を見にくるような、私からみても恵まれた老人だったと思います。
そして、最期はトイレに立とうとして、でした。
母が部屋に行った時には、まだあたたかいばーちゃんだったそうです。
幸せな最期でしたよね。

ばーちゃんの娘(叔母)2人が乳癌でした。
一人は、私と同じで幼い子供を実家(私の実家)に預けての入院でした。
私が乳癌になった時、すでにばーちゃんは亡くなっていたのだけど、切ない思いをさせずにすんだのは何よりでした。

No title

ぱこみこさん おはようございます

自分の母親だと 衝突すること
あっても オババ様だと 素直に受け入れられるし
なんていうのかな~
大切な 存在として 自分の中でも すごく
オババ様を 認めている自分が います

優しくしたい お話一杯聞きたい・・という
きゃわいい自分が・・

お世話の大変さも 自分が 病気になって
よくわかるし・・

おばあちゃま 天国で ショートケーキ
モグモグしながら ぱこみこさんのこと
見守っていて くれてるね 

くまきよさんへ

お返事、大変遅れてしまってごめんなさい。
くまきよさんちも、バタバタ忙しい日々でしょうか・・・
どうか無理されませんよう、お体大切に。

ばーちゃん、ショートケーキもぐもぐしててくれるかしら。
いつも近くで見ててくれてる気がします。
プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード