怖い話。

先週の話です。
なんとなく、職場でもイライラしながら仕事をし、
勤務終了即帰宅。
車中も今日のことを悶々と考えていて、
スーパーへ寄ろうといつもながら狭い駐車場へ。
バックギアを入れて、タイヤが何回転もしないうちに
「ギギッーーーー」
なんと右後方に車がいてぶつかっているではないか!!
しかも相手は、スーパーの20代男性店員、通称「店員様」
「お客様と店員」ではなく「お客と店員様」な関係だから。
相手の車、といってもスーパーの車はほぼ無傷。
日ごろの感情で、私の車に突っ込んできた!と何の疑いもなく断定。

何と言ってもこれでも初事故なので、
とりあえず警察呼びますね、というと
「まぁ、うちは会社の車だし、無傷だからいいんですけどね」
この言葉の意味を全く理解していない私。
うっすら「むやみに謝ってはいけない」と記憶していたので、
何も語らず。
「クラクション鳴らす猶予なかったからなぁ」とかなんとか、
「おっ、突っ込んできたくせにこっちを不利にしようとしてる」
あとでみてなさいよ・・・

で、初事故にして初警察。
あっさり聞き取りを終え、
私たちはこれで帰ります、お互い情報交換してくださいね、
会社の車であれば会社とあなたの情報交換でもいいし。
聞き取り中、若い警官に
「バックの時、後方確認しましたか?ミラーだけでなく目視と言うのもあるんですよ」
とのお言葉がすごく気になる・・・

結局、スーパーの社長さんが出てきて
「あらー、ぱこさんてあなただったのねー、
(買い物中、挨拶はしてたので)
うちの車なんてボロだから修理なんていらないし~」
いらないし・・・???
ん?

結局、そのあと車屋さんへ行き、
状況を説明すると、完全に私の不注意で、
相手は別に修理はいいですと言ってくれているのなら、
保険を使わず、実費で修理した方が先々安くあがります。
・・・・・。
こういう場合は特に警察にも連絡しなくて良かったそうで、
じゃあなんで呼んだかというと、
完全にお互いの不注意くらいに思っていて、
しかも相手が私より悪い!と日ごろの恨みがそう思いこみ、
でも、その場の誰もが私以外「私が完全に悪い」ことを知っていたわけで、
なんだか、恥ずかしいというか、
思いこみのすごさに我ながら怖くなったというかね・・・

これは、トシノセイニシテイイノデスカ?

真夏の寒い話でした。
8月はいいことありますように。
スポンサーサイト

ブログるの久々なので。

忘れないように記録。

お邪魔したところで「お勧めの本」と紹介されてたので

IMG_1802_convert_20160728175223.jpg

読んでみました。
なかなか一気読みする時間がなく、
細切れなんだけど、
続きが気になって気になって、
昨日の夜はついに最後まで一気読み。

最後はドキドキしながら泣けたー。
結末も良かった。
すごくすっきり気持ちよく眠りにつけた。

そのせいでは決してないけど、
見事寝坊しました。
まっ、良い眠りだったってことで・・・


今日から

IMG_1803_convert_20160728175238.jpg

これも最初から泣きそうになった。

本が好きだっただんなと語り合いたかったな。
「本を読む時間がない」って言うと
「本を読む時間を作るんだ」って良く言ってた。
今頃、その意味がよくわかります。

朝顔1号。

IMG_1798_convert_20160728165351.jpg

遅めの1号。
末っ子の朝顔、7年目です。
この色、好きなんだぁ。

梅干し。

IMG_1792_convert_20160728165255.jpg

梅を干しました。


今年はまさかのカビに襲われ、
途中、応急処置をしたので、
早く天日に当てないとダメになるかもと焦って干したら、

IMG_1789_convert_20160728165215.jpg

IMG_1790_convert_20160728165236.jpg

朝のお日様はすぐに厚い雲に覆われ、
こんな天気に2日間、
しかもシャッターを開けての車庫内で。

で、その次の日から青空が続いたので
4日間も干してしまいました。

おいしくなるのだよ。

芸術やなぁ。

IMG_1782_convert_20160720173535.jpg

ユリの季節です。
隣町はユリの特産地であちこちに
ハネ出しが売っています。
私に表現出来る言葉がみつからないくらい
淡いピンクが一番好きです。(簡単に表現しとるがな・・・)


IMG_1781_convert_20160720173520.jpg



IMG_1777_convert_20160720173816.jpg

IMG_1778_convert_20160720173828.jpg

そして、トマトがうまい。
そして、こちらもとっても鮮やかで
きれいな色を発しています。


そうだ!
帰宅したらドックの結果がポストに入ってた。
こちらも芸術並みの数値。
Cが1個だけであとはオールA。

最近、見えにくいのは老眼だとばっかり思ってたけど
右0.4、左0.9は見えないわなぁ。
それに卵子が、あっ、乱視が入ってるって。
ある意味、老化なのでしょうかね。

一件落着。



長男のことです。

いろいろあったけど
ちょっと解決しつつあります。

若くて見るからに理系のオタクの頼りない担任は
とても親身になって長男と話し合ってくれました。

ギャップを見せつける男には弱い・・・
いやっ、そんなことではなく、
耐えてきた長男が誇らしい。

母の気持ちもやや梅雨明けです。

なんだろうな。

5日が1年ぶりのドック。
相変わらず貧血なのだそう。
昨年は、すごく疲れてたし、いつも眠かったし、
立ちくらみもひどくて貧血感はありありだった。
でも今年は昨年の数値より悪いのだけど、
あんまり貧血感はないんだよなぁ。
ドクターも「慣れちゃったかな」と。

そのせいなのかなんなのか、
6日夜からめまいで寝込んでしまった。
7日は長女のお弁当作らなきゃと起きてみたけど、
今度は立っていられないし気持ち悪いし。
結局、子どもたちに適当にご飯を食べてもらい、
寝たままで「いってらっしゃい」

さすがに6日の夜は怖かった。
めまいで気持ち悪いやら怖いやらで
過呼吸になりそうになったり、
このまま私に何かあったらこの子たちはどうなるのかとか、
涙が出そうになった。

身近に頼れる人がいなくて、
家には私一人しか大人がいなくて、
「お母さん、大丈夫だから」って
子どもたちを安心させてくれる大人もいなくて、
ほんとに子どもたちも怖かったろうな。

でも、だから元気でいなきゃだし、
子どもたちを不安になんてさせちゃいけないし、
しっかりしなきゃなんだ。

母の口癖の「何くそ」と歯を食いしばって
この子たちを守らなきゃ。

7日の夕方、起きれるようになったけど
とても買い物にも行けず、
夕飯は冷凍してあったもので出来たけど、
だんなの誕生日なのに何のお供えも出来なかった。

まぁ、だんなの誕生日に寝込むって、
何のメッセージなんだろ。
「オレ様を思い出せ~~~」なのか??
ふざけんな!!
子どもたちを不安にさせちゃったじゃないか!!
それでも父親か??

「もっと強くなれ、世間は厳しいんだから」か??
それはいつも子どもたちにも言ってる。
あっ、私が甘いのか(笑)

なんか、体調崩してから、
いろんな不安から気分がめちゃ下がりっぱなし。
今日は美容院の予約を入れてあったので
気乗りしなかったけど行ってきたら
ちょっと気分があがった。

でも帰りの車ん中で、
だんなのいない日常に久々に泣けた。
だめだ、やっぱだんなを思い出しちゃ止まっちゃう。

矛盾するけど、泣くとちょっとスッキリ。
おっ!
だんなの誕生日の答えは「泣かせるため」だったか?

まだまだこの先、いろいろあるはず。
いろんな通り抜け方を身につけておかなきゃ。

今頃・・・。



義父のキキョウがこんな小さいまま咲きました。
手前に、今頃ようやく二葉が出そろった朝顔と比べると
丈の短さがわかるでしょうか。

今頃、と言えば、
先週末からツバメが巣作りを始めました。
今年は5月に一度巣作りを途中で断念していて
なんとなく気がかりだったのだけど、
こんな時期にお引っ越しまでに間に合うのか
気がもめてしまいますが、再び来てくれたことが
嬉しかったです。

ツバメって何か予見するのか、
昨年はだんなが入院してすぐに、
巣作りを完成していたのに、
ぴったり空き巣になってしまいました。
そのころ、義父のお見舞いに義姉が来た時
「今度会うときは葬式だ」と義父が言ったそうで、
義姉は義父が長くないんじゃないかと
気にしながら帰って行きました。
そんなすぐ後に、ツバメが来なくなり、
義父の話やツバメの話をだんなにすると
「入院中にじじの葬式だけは避けたいんだよな」
と言っていたのだけど・・・

だんなの葬式が終わった次の日、
なんとツバメは戻ってきました。
子育てを終え、いつも通り感謝の言葉もなく(笑)
ある日突然、巣立っていきました。

こんなことってあるのかな、と思うんだけど、
不幸があるとか人の出入りが激しくなるとか、
わかるのかな・・・。

今年もどうか無事に巣立っていきますように。

母の畑。

今日は長男と実家へ行って来ました。

来月、母の昨年手術をした反対のひざの手術が決まり

またいろいろ心配などしているせいか

最近、電話も全くなかったので顔を見に行って来ました。

1時間くらいお茶をしながらあーでもないこーでもないと

話を聞き、畑へじゃがいも堀りに。

IMG_1760_convert_20160703154057.jpg


IMG_1762_convert_20160703154131.jpg


IMG_1763_convert_20160703154202.jpg

30度越えの真夏日に、ほんの15分ほどだったのですが

玉汗が体中から溢れ出しました。


IMG_1761_convert_20160703154117.jpg

母のじゃがいも畑はこれくらい。

収穫は入院する7月下旬前。

今年は手伝いに来ようと思いました。

IMG_1759_convert_20160703154034.jpg

きゅうり畑の下に食べ残し。

これはカラスが生っているのをとって食べた後。

子カラスに食べ方を伝授しているのだとか・・・

カラスの食育らしいです。

畑にカラス除けをしてもだめらしいです。

子育て、どこの世界も必死です。

終わりました。(我家の記録・・長文です)



先日、長男の最後の大会を見届けてきました。
何年かぶりに市内大会で優勝し、地区大会へ。
念願の地区大会では、チームが勢いに乗ることなく、負けてしまいました。
なんだか、ぽっかり胸に穴があいたような、
でもほっとしている自分もいて、
長男には、こんなに楽しませてくれてありがとうです。

ほんとにこの日を迎えるまでにいろいろありました。
実は、一番の仲良し部員から無視されるようになったのが昨秋。
部室に「死ね」の落書きを見つけたのが年明け。
顧問の先生にも相談し、長男と話し合ってもらったのですが、
そこで長男は「例えば、謝ってもらったとしても、もう元には戻れないと思うし、
別にいいです。なんで無視されたのかは知りたいけど・・・」
で、顧問は長男の意見を尊重して何もしてくれず・・・

学校内で「死ね」の落書きを、書かれた本人が取り下げたからって、
何の対応もないのってどうなんだ!とずっと思っていたのですが、
気が小さい長男は自分が被害者だとか、犯人がわかって一件落着した後の空気とか
もろもろ考えての答えだったのだと思います。

そこから、長男は徐々に一人を選びます。
キャッチボールや会話も2年生と。
一人でいることも多く、自分から人に混ざろうとはしない感じ。

打てないしエラーはするし、でも声をかけてくれる仲間もいなくて
涙しながら守備につく試合もありました。

地区大会までの2週間は、
近くのバッティングセンターへ毎晩通い、
バッティングセンターのおじさんから指導を受けフォームをなおし
スィングも全然良くなり、自信も着いたのですが、
最後はヒットもなく終わってしまいました。




地区大会から帰り、
庭の草取りをしていると長男が帰ってきて、
背中越しに泣いているのがわかり、何の涙?と聞くと
「毎日バッティングセンターに連れてってもらったのに、
最後までヒットも打てず、何にもいいことしてあげれなかった」
と泣きじゃくりながら、まぁ、泣きじゃくりながらだし、
日本語が苦手な?長男の表現は多分↑こんなことを言ったよう(笑)

ほんとは、こんなこと思ってたのかとちょっとびっくりだったのだけど、
「母は毎日バッティングセンターまでの車の中で、学校とか友達の
話が本当に楽しかったし、いい時間だった。
ヒットや勝つことも大事だけど、辛いと思った事もあったろうけど、
最後までやりぬいたことはものすごく大事なこと。
これから頑張んな。」
と私も草取りをしながら、二人背中合わせでの会話でした。

長男は一番だんなからダメだしを受けてきた子。
長女も末っ子も年以上の感情がある子どもたちだけど、
長男は特にいろんなことを感じ取り、そして伝えてくる。
孤独は「いろんな経験」と自分を表現するし、
こんなことがあっても拗ねたり曲がった態度もとらない。

悔しいが、だんなのまっすぐな人柄がそのままです。

母は、何にもしてあげれず、
助けてもあげれずよしよしと頭もなでれず、
辛いのにケツをたたくことしか出来ないけど、
どうか、そんなことに負けないでたくましくまっすぐ育って!と祈るばかり。


野球はこの先も続けるそう。
まだまだ、これからが大変なことばかりだろうけど、
一番の応援団でいよう。
プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード