葬式太りだって言うのに。

IMG_1395_convert_20151122214825.jpg


IMG_1394_convert_20151122214805.jpg

デニッシュとソフトクリームとあんこの組み合わせ。

うまい、うますぎる!!

カロリーのことを気にしちゃ体に悪いからやめました。

スポンサーサイト

囲い、の続き。

土曜日、義父のボタンの囲いをしたのは前回のブログで書いたのだけど、
実はその時、庭に柱が1本あって実に微妙な位置にメーター(かな?)が付いていて、それを
支える一回り大きい板が付いているのだけど、しゃがんでいたところから立ちあがったとき、
見事に板の角に頭をぶつけた。
しかも春先だったかにも同じ場所をぶつけたことがあり、これが声が出るくらいの痛さ。
しかも言葉にはすべてに濁音がつくくらいの痛さだ。

義父の体調を崩したきっかけが転んで頭を打っての「硬膜下血腫」から始まったので、
大事をとって、今日ちょこっと午前中休みをもらい職場近くの脳外科を受診した。

初MRI。
結果から言うと異状はないらしい。
打ったところの出血も見られないし、脳梗塞などの症状もみられない。
脳の委縮などもないし、血管が細くつまりそうなところもないとのこと。

すごくすごくほっとした。
打った場所はもちろんのこと、実は若年性認知症なども心配だったから。

だんなが亡くなってから、いろんな波を一つ一つ越えてきたけど
やっぱり、今私に何かあったらこの家はどうなるのかっていう心配や不安が
でかい。
家に大人が一人しかいないって、ふとした時、ものすごくどっとくるものがある。
だんなが亡くなった時は、葬儀の後と49日のあとに母に1週間居てもらった。
この年になっても、親を頼り、心配をかけていることに心苦しいのだけど。


ボタンの囲いをしていて思いだしたことがある。
義父が全然元気なころ、いろんな感情から
あのボタンを根元からバッサリ切ってやったらスーッとするだろうな~、
なんて思ったことがある(笑)
義父と戦っていたころだ。
お義父さん、安心しなされ、
ボタンはうまくはないけど枯れない程度にお世話するから。

IMG_1115_convert_20151110225324.jpg

11月に思う。



昨日もいつもの週末のように子どもたちを送り出し、
久々にいつものコースへ散歩に出かけた。
だんなの五本指のスニーカーソックスに長男の穴あきランニングシューズで。

前に歩いたのは1カ月くらい前かな、
一人で歩いた帰り道、
長女がまだベビーカーに乗ってる頃、だんなと3人でお散歩した川沿いで
ムショウに泣けてきて、声を抑えなくても川の音が消してくれて、
思い切り泣いたらスッキリできて、散歩コース内のだんなのお墓で近況報告をした。


昨日は、ものすごいスローペースでランニング。
歩いてる人に追い越されそうな速さで。
音楽を聴きながらだったけど、いろんなことを考えながらで耳からは無音。
疲れているんだな、思ってる以上に。

義父が亡くなって10日が過ぎた。
この1年くらい、家に居なかったからだんな以上にいない感じがしない。
最期の2カ月は職場から100mくらいのところにある病院だったから、
仕事帰りにほんのちょこっと会話をして帰ったり、
週末には子どもたちを連れて面会に行ったりしたのだけど、
義父が痩せて変わっていく姿が目に見えてわかり、正直とても切なかった。
最期の日は、出勤してすぐ連絡が来て、
義姉もかけつけてくれて2人で見送ることができた。
いろんな思いはあるけど、今はなかなか言葉に出来ない。




走ろうと思っても、いつも辛くてすぐに歩いてしまうのだけど、
昨日はゆっくりゆっくり走り続けてみようと思った。
折り返しの場所まで走ったら歩こうと思っていたけど、
折り返しても走れたから、あそこまで走ろうと目標を決めた。
膝が痛くなってきて、歩きそうになったけど、
あそこまで走れたら、いろんな思いが断ち切れるかもしれないと思って
リズムよく走った。

あそこまで走ることが出来たら、静かに平和に暮らせるはず。
あそこまで走ることが出来たら、笑える日が永遠に続くはず。
あそこまで走ることが出来たら、この先ずっと私が健康でいられるはず。

完走したら、ちょっと自信が持てた。
まただんなに良い報告が出来た。


帰ってきて、義父が大事にしていたボタンの木の囲いをやってみた。
意外と上手に出来て、気持ちがいい。
やればできるんだね、すごいぞ、私。

IMG_1389_convert_20151108205237.jpg
プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード