夢・・・むふっ。

今日は久しぶりに青空が広がりました。

春っぽかったです。

3月になるんですものね~。


さて、

昨日見た夢の話です。

私はまだコンビニの店員。

20代の、よくおしゃべりしてくれたKさん来店。

「今日は除雪車で来てるんだ、ドライブ行く?」

ガタガタ揺られ、狭い車内に2人きり。

この先、この流れで行くと、何かある・・・

そんな期待とか誘惑なんて言う、昼ドラ的な展開はなかったのですが、

なぜか、目覚めたときほわ~んとした満足感。

なんなんでしょう・・・

「女」として扱われた感ですかね。

何か関係を持った的な「どーしよ」だったら「ほわ~ん」じゃなかったと思うのです。

この「ほわ~ん」が妙にいいです。

でも夢って「おかしいでしょ、それ!」って

突っ込みたくなること多いなぁ。

なんで除雪車なんだろ・・・

夢なんだからスポーツカーでも良かったんじゃないの?

Kさんは口は悪かったけどすごくいい子でした。

夢でも好青年だったなぁ。

好青年と言えば、

公務員ランナーも実直で応援したくなりますね。

さすがにマルガリータはびっくりでしたが。

前職は同じ仕事をしていたので、

この忙しい時期にほんとに大変だったと思います。

20代に魅せられている、脂ののった40代です。
スポンサーサイト

おーまいがー。

末っ子のインフルエンザ、やっと明日から学校に行けます。

そう、書いていた時、学校からのメール・・・

明日から木曜日まで末っ子のクラスと、長女のクラスが学級閉鎖となりました。

今年のインフルエンザはかからない子はいないんじゃないかと言うくらい、

じわじわと増えていきます。


先週、金曜日に学校から連絡があり、長女が発熱したとのこと。

6年間皆勤賞の長女ですから、滅多なことでは熱なんて出しません。

それが38.4度あり、頭も痛くて咳が出る。

インフルエンザ以外考えられないのですが、

金曜日も土曜日も検査に反応せず・・・。

日曜日には6年生最後の試合だったのですが、

37度まで下がり、熱があってもちゃんと食べていたせいか、

試合もいつも通りプレー出来ました(負けちゃったけど)

今日も体調がおかしかったらすぐ保健室に行くように、

しつこく言って送りだしたのですが、長女は大丈夫だったようですが、

クラスでは流行っていたのですね。

明日から、長男を送り出して、末っ子と長女と3人でお留守番です。

1日からお仕事なので、結局一人の夢の時間はなくなってしまいました。

やれやれ・・・。


今日は長女のユニホームを洗濯していてしみじみ。

とりあえず、恒例なので・・・

IMG_0371_convert_20120227125933.jpg

またも突然に。

県がインフルエンザ警報を出したと今日の新聞にありました。

子どもたちが通う学校も、先週から学級閉鎖が出て、

今週解除になるも、また他の学年・クラスで新たな閉鎖が始まり・・・

末っ子の連絡帳には今週から

「お休みは4人です」とクラスのお休み人数の連絡が追加され、

あと、一人か二人で学級閉鎖だね~なんて話していたのに・・・

昨日の夜からのどが痛いと末っ子。

一緒にお風呂に入った時に、

インフルエンザでお休みの子は席は近くだったの?と聞くと、

「隣と後ろと前と~・・・」

なんと、見事に末っ子の周りを囲んでいるじゃないの。

早くそれを言わんかい!!

今朝は37度くらいで登校させるのも微妙。

とりあえずランドセルを持って病院へ。

早めに行ったから座れたものの、

あれよあれよと待合室は満杯です。

ほんとに流行っているんですね~。

結局末っ子は熱がないと言うことで検査もなく、

登校もOKとのことで、

私の頭の中は「???」だらけでしたが、

薬をその場で飲ませ、登校させてしまいました。

1時間もたたないうちに、

学校から電話です「38度あるのでお迎えをお願いします」

だよね、だよね~。


薬をもらいに行った薬局の方の話では、

インフルエンザの検査も熱が出てから半日くらいしないと、

ウィルスの増殖が確認できず、

かかっていても反応しないのだそうです。

とすると、

末っ子を今日もう一度病院に連れて行こうと思うのですが、

夕方遅くの方が確実かな・・・

予防接種のおかげか、

熱はありますが元気だし、食欲もあります。

心配なのは、週末に最後の試合がある長女にうつらないかです。

卒業の行事もあるので気が気じゃありません。

こうなったら、隔離しかないですかね~。

長女を今日から独房へ。

そっち??

それは、あまりに突然。

今日は「春が来たーーーー」と勘違いしちゃうほど

いい天気です。

体も良く動くし、テンションプチあがりです。



昨日は、朝から寒くて、

やらなきゃいけないこといっぱいなのに、

光市母子殺害事件の記事が気になり、新聞タイム。

この事件は、長女の出産1週間ほど前のことで、

忘れられない事件でもあります。

私には難しいことはわからないけど、

長女は今年13歳。

なんでこんなに時間がかかるのか・・・




いろんな思いを巡らせ、

さて動くかと思った時、

携帯が鳴りました。

一番最初に面接を受けたところから、

「採用したいと思います」

ものすごい倍率に、

ここだけは絶対ないと思っていたので、

「え?え?今、何と・・・」

ばーさんかっ!



突然、春がやってきました。

来月から1年ちょっとの期限付きですが、

また働けます。

ほんとうにありがとうございます。

誰ともなくお礼を言いたいくらい嬉しい。

無。



昨日まこつまさんのブログで、kiriさんが亡くなったことを知りました。

kiriさんの写真が本当に好きでした。

私もあんな風に撮ってみたいとずっと思っていました。

お会いしたことないけど、

とってもピュアな心の澄んだ方だと思います。

ゆっくり、ゆっくり

休んでくださいね。

高っ。

最近スーパーの野菜売り場で良く出る言葉です。

大根248円、キャベツ248円、白菜298円・・・

いやいや、ほんとに野菜が高いです。

気付けば、鍋をした日はまだ1,2回だし・・・

ホウレンソウなど葉物はどれくらい買ってないかなぁ。

でもありがたいことに、

我が家は母が作ってくれた越冬用の白菜・大根・じゃがいもがあり、

助かっています。

大根なんてしゃきしゃきで超うまです。

でも白菜がなくなってしまい、大根もあと数本・・・

大事に大事に食べています。

早くあったかくなって野菜の値段が下がるといいなぁ。




さて、

明日はまた面接です。

友達からスーツ借りてきました。

月曜日も火曜日も面接です。

どうか、どうか、

私にも春が来ますように。

がびーん。

昨日はあれから・・・

あっ、面接のことをブログってから、

また新しい求人を見つけ、

ハローワークに行ってきました。

立ち直りが早い、自分で言うのもなんですが。

そうだ、くよくよしてる時間などない。

今週は履歴書提出やら、また忙しい。

なのに、なのにです。

長男のクラスが学級閉鎖になってしまい、

今日から金曜日まで長男と一緒です。

朝、末っ子と歩いて帰ってくると、

IMG_0363_convert_20120215222631.jpg

クビまでコタツにもぐり、テレビ三昧。

いやはや・・・

とりあえず、午前中に履歴書を提出し、

午後は久々に爆睡しました。

ちょっとすっきりです。

そしたら、面接の通知が2つ届きました。

今日出した履歴書のところの面接も来週あり、

合わせて3回面接の予定が入りました。

全部ダメだったら、へこむなぁ・・・

今は、我が家にインフルエンザが舞いこまないことを

祈ってますが・・・。

タイミング悪過ぎ。

ライヴ、最高でしたーーーっ。

長女と末っ子と3人で行って来たのですが、

末っ子なんぞかまっちゃいられない!

ライヴ初体験の末っ子は2曲目から

お行儀よく座ってペンライトを振ってましたけど・・・



そんな熱い時間を過ごして日常に戻ったせいか、

何年ぶりかで風邪をひいてしまいました。

鼻水が、壊れた蛇口のようにぽったんぽったんと

垂れてきます・・・最悪。

なのにですね、今日は書類選考通過で面接だったのです。

通知には

「9時30分までにお越しください。

40分ほどお待ちいただくかもしれません」

と注意書きがあり、

「ははああん、書類選考通過者は4,5人だね」

それがですよ、行った時点で5人待ち。

私の後にも10人はいました。

そう言えば、廊下でも帰るスーツ女子と会ったし・・・

一体、何時から面接してるの?

これ、書類選考してないでしょ?

結局1時間待ちですよ。

面接10分のために・・・

しかも、面接官に、昔の職場の上司妻がいて、

その頃ツンツクツンにとがっていて、

どこでも誰にでも理不尽なことは突きまくっていたので、

もう面接会場に入った途端、

「かーーーーーーーーーん」

のど自慢の時のようなカネが頭で鳴りました。

鼻が気になって、聞かれてることが全く頭に残らないし。

年初めから、なんだか、タイミングが悪い。

あと2つ、履歴書送ってあるので、そちらに賭けよう。

めずらしくあきらめがつくのは、

やっぱり過去の自分が悪態をついてきた反省からか。

ん~・・・

私もオトナになったのね。

テンションMAX。

週末は長女の行事があり、その準備で何かとわさわさしておりました。

またゆっくりとブログります。

今日は午前中、長女のお手伝い。

IMG_0358_convert_20120212135220.jpg

バレンタインデーの友チョコです。

「男の子には無いんかい!!」

って思わず突っ込んじゃうほど、見事にガールの名前ばかりです。






さて、

今日はこれからライヴへ行ってきまーす!!

若者には負けないぜーーーーー(こんなセリフがすでにおばはん)

IMG_0360_convert_20120212135111.jpg

また雪。

さっきものすごい雷鳴ったと思ったら、

また細かい雪が降ってきました。

今週も後半は大雪みたい。

午前中、イオンまで買い物。

久々に「明菜ベスト」にはまっています。

昭和の香りと、あの頃のあおっぱなたらしてた頃を思い出し、

なぜか切なく・・・

30分の道のりを大熱唱。

な訳で、こんなにお聞き苦しい声です(どーでもいい)

昔はレコードなんて買えず、ベストテンをラジカセで録音し、

「平凡」についてくる歌本で覚えたものです。

よく唄いこんでいるので、

ここは引っ張って引っ張ってビブラートをいくつとか、

ここで裏声が入るとか、今でも身についちゃってて、

年とってちょっと鼻声になっちゃったんだけど、

結構「明菜」もどきです(何の自慢にも小遣いにもならない)

まっ、どうでもいいですね・・・


さて、

今年の長女の友チョコが決まりました。

IMG_0293_convert_20120208144712.jpg

今週末は行事続きで作ってる暇がなく、

参考にしているブロガーさんのを提案したら、

案外すんなりノッテきました。

まっ、笑い重視ってことで。

なんだかなぁ、なこと。

雨です。

2月の雨なんて、子どもの頃にはありえませんでした。

今日は朝起きて「あったかい」と思ったのですが、

市の情報では今朝は-4.3度。

昨日は-7.0度ですからあったかいことはあったかい・・・

もうマヒしちゃってるんだなぁ、体が。

今も雨がいい感じで降っているので、長男の午後からのスキー授業は中止か。

先週、あの地吹雪の中、スキー場まで歩き、リフトも止まらなかったって言うから、

雪国の子も設備もさすがです。



さて、

今日はちょっとモヤってることを・・・

土曜日にこの地域のバレーの新人戦がありました。

長女たち6年生は応援、私も応援部隊として行って来ました。

だらだら書くと長くなり、私の性格でネチネチ書いてしまいそうなので(笑)

さらっと書きますが・・・

要するに、5年生のある子の保護者Kさんが自分の子のミスは「惜しい、ドンマイ」

自分以外の子のミスは「なにやってんだよ~、取れるよ、取れ!!」

今までは6年生がレギュラーだったので知らなかったのですが、

あまりの豹変ぶりにびっくり。

帰りの車中では長女も聞いていたらしく

「褒めるの自分の子だけなんだよ」

6年生にまで「おかしい」と思われる言動ってどうなんでしょう。

実は昨年の6年生の保護者にもそんな人がいて、

チームの応援も保護者がまとまって応援することもなく、

バラバラな保護者会だったのでした。

そんな経緯から、私たちは一つになろうと、

現6年・5年の保護者で仲を深めてきたのでした。

試合中の子どもたちのミスも、絶対中傷なんてしません。

ベンチのコーチ陣が怒鳴っていても、保護者は応援席から「ドンマイ、切り替えろ」

それはミスした子の保護者以外が必ず声をかけ、エールを送ってきたのです。

「甘いな、だから勝てないんだよ」

そう言われるかもしれません。

でも、ミスを指摘したところで切り替えれるような上級チームでもなく、

ただ、平常心で、練習の時のように、でいかに試合に臨めるかのレベルのチーム。

全員を中傷するならまだわかりますが、どうも保護者を見て言える子と言えない子がいるらしく、

コーチの子どもには一番ミスが目立っても何も言わず、

おとなしいママの子どもには、隣にママがいるのにミスを中傷・・・

まともな人には、私も黙っていないのですが、こういう人って何を言っても響かない。

実は、学校でも何かとすぐ先生に電話をしたり、学級懇談会なんてものすごい発言らしく、

いやはやさすがの私も、ただただ5年生の保護者には「大変だね」しか言えない。

でも、Kさんの言動に「やだよー」とメールしてきた仲良しの5年生ママに

「Kさんはしょうがないからほっときな。

でも、それ以外の保護者は一つにならないとダメだよ。

保護者がまとまってないと子どもたちだって頑張れないから。

頑張れ」

エールにならない「他人事メール」送りました。

いやぁ、久々に「強烈女」と出会いました。

困ったね~、と悶々とする半面、

これからどんな言動が出るのかワクワクしてる自分もいて、

「同学年じゃなくて良かった~」と真顔で思う本音。

つくづく「ワイドショーおばさん」なんだな、私・・・

そして、結局ダラダラ、ネチネチ書いてしまった、Kさん如きに。

なんだかなぁ・・・

ご無沙汰!



金曜日の午後になって↑ようやく太陽が出ました。

何日ぶりの青空でしょう。

「お久しぶりで~す、お元気でしたか?」



週末は3月みたいなお天気で、

春近し、と勘違いしそうでした。

今日も朝からいい天気で、

布団カバーまで洗濯し、

大掃除しなかった窓やレールなどきれいにしました。



さて、

家にいるようになってテレビを良くみるようになりました。

特に料理番組は何気に見入ってしまい、

その日の夕飯になることもたびたび・・・

節約主婦が持つ料理コーナーで、

ロール白菜の中身がひき肉ではなく、

こま切れとつなぎが片栗粉と言うのをやっていて、

これが子どもたちに評判良く。

次の日は、そのこま切れがあまっていて、

夕飯はうどんだったのですが、

こま切れをたたいてたたいてミンチにし、

肉団子汁にしました。

サイズ違いのひき肉、超うまです!

今日は3分クッキングでやっていた

「牛肉とレンコンの炒め物」

諸事情により選手交代→「豚肉」

もやしも入れて野菜たっぷりで。

風邪が流行っているので気をつけなきゃね。



一日の過ごし方。



朝は「紅白歌合戦のトリで紙吹雪が豪快に落ちてくる」くらいの

速度の速い雪が降っていました。

IMG_0275_convert_20120203104318.jpg

こちらに向かって降ってくるので、

この時点で私は「前面雪だるま」です。

先ほどから、青空が広がったり曇ったり・・・

ちょっと寒波は緩んだのか。

昨日ほど寒さも気にならないし。



さて、

仕事をしていた時は遅くても10時半には寝ていました。

早い時は子どもたちと一緒に9時だったり。

それが今は、11時まで起きていることが多く、

毎晩だんなが

「今日、昼寝した?したね?だから起きてるんだな」

決まって聞いてきます。

昨日はしょうがないので一日の流れを説明し始めたのですが、

聞いてるのか聞いてないのか歯磨きに行ってしまい・・・

おやつに昼寝にドラマ三昧、なんて本当のことは言えませんけど。

最近の一日は、

7:20   末っ子と登校。往復で40分弱歩きます。

8:00   帰ってきて掃除。
       洗濯を干し、体があったまっているうちにエクササイズ。
       テレビを見ながらだったり、ラジオを聞きながらだったり。

10:00  出かける用事がなければ、ここからPCタイム&ティータイム。
       新聞も読みます。

12:00  夕飯の下準備をしながらお昼。
       

さて、ここからが至福の時間です。

前日の撮ってあったドラマを観ます。

ってか、この時間のために録画する時もあるくらい。

「運命の人」「タイトロープの女」「本日は大安なり」

「ダーティママ」「最高の人生の終わり方」「恋愛ニート」

こんなにドラマを観るのって独身以来かも。

これらを観終わると決まって睡魔が襲い、

30分だけお昼寝をします。

携帯のアラームをかけてです。

キッチンにこもり、お菓子作りをする時もあります。

1月、生クリームとバターは何箱買ったことだろう・・・

そんな訳で、昼寝におやつにと太らない訳はなく、

ちょっと時間の使い方を考え直そうと思っているところです。

今日は午後から、恵方巻き作りでキッチンにこもります。

体重=充実した生活

ってところでしょうか。

大雪だと思いだす。(長文)

寒波は留まったままです。

今朝は昨日よりあったかいかな、と思ったのですが、

外はバリバリ、氷の上を車が走り、人が歩きます。

とにかく風が冷たくて、細かい針が吹いてる感じ。

痛い。

ニュースは全国ニュースでも県内のあちこちが映し出され、

山間部はどこも高齢者の除雪風景が目につき、

実家の父母を思い出してしまいます。

実家も山間部で平均年齢は70代くらい?の集落。

多分10代は姪っ子が一人かな・・・

20代30代はいないかも。

それでも、朝晩は除雪車が来てくれるし、

車が通れるので、生活にはそう支障がない。

若い人がいる家には

IMG_0212_convert_20120202142557.jpg

こんな除雪機もあり、家の周りの雪は飛ばすことが出来ます。

実家も私が小さいころからあり、

早朝から父が家の前の雪を飛ばします。

屋根の雪を下ろすと、1階がすっぽり雪に覆われて真っ暗になるのですが、

除雪機でぐるっと雪を飛ばすと、人力の半分以下の時間できれいにしてくれる優れもの。

ですが、この除雪機による事故も多い。

実は11年前の1月、

父はこの除雪機の下敷きになり、心肺停止の状態で病院に搬送されたことがあります。

前進して、一度除雪機をバックさせた時に、

後ろ歩きをしていた足が雪に埋まり、

ストップレバーを押そうと思った時に手が届かず、

父の体の上を、左足から右肩にかけて乗り越えて行ったのです。

除雪していた場所がたまたまばあちゃんの部屋の横で、

ばあちゃんはその情景をずっと見ていたので、

たまたま家にいた兄を呼びに行きました。

兄が駆け付けた時は除雪機の真下になっている状態、

すぐに救急車を呼びましたが、家族の誰もが死を覚悟しました。

連絡をもらった私も、喪服を持って行った方がいいのか悩んだほどです。

6時過ぎにこちらを出発し高速に乗ったのですが、

今日のように吹雪の日で、病院についたのは9時近く。

何日くらい救命救急室にいたでしょう、

一般病棟に移され、結局1か月も入院せずに退院できたのです。

父の話では、三途の川まで招待されたそう。

とーーーってもきれいな花畑が広がっていたそうです。

なんで渡らなかったのか、そこまで聞きませんでしたが、

父に言わせると、

「あんな死に方だったら最高。」

苦しんだわけでもなく、あっという間に逝けるからだそうです。

父の事故から1週間大雪で、

新聞には除雪機の下敷きによる事故を含め、

毎日のように雪による事故の記事が載りました。

父の場合、心臓を避けられたので何ともなかったのでしょう。

不思議なことに、なんの後遺症もありませんでした。

こんなことがあったので、

乳がんの告知後、死ぬかもしれないと不安でいる私にだんなが

「K(父の名)の子だぞ、死ぬわけねーだろ!」

そう言いました。

ああ、そうだな、とすんなり思ったことを思い出します。

あの頃、お腹にいた長男はこの春11歳。

「生まれ変わり」にならないで良かった。

父は今日も除雪機で雪をかっとばしていることでしょう。
プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード