無事終了!



いやはや、臨時のお仕事も今日で終わりとなりました。
あまりに「場違い」的な仕事に、この日が来ることをどれだけ待ったことか・・・

ですが、職員の方たちは最後まであったかく、終わりの私達に「お世話になりました」なんて言ってくださり、おまけに↑こんな素敵な花束までサプライズ

あまりお役にたてなかったけど、私にとっては実のある2ヶ月半でした。

明日から、家のことしなきゃ・・・
すごいことになってます

そして、明後日は半年ぶりの病院です。
なんか、緊張する
スポンサーサイト

祝!!

25日、末っ子の卒園式でした。
末っ子の成長は、私の乳癌と重なり、とっても感慨深い・・・
5年前、1歳の末っ子を見て、この子をどれだけ育てられるのかと真剣に思いました。
この子の将来を思って、ほんとに切なくなりました。
私に5年後はないかも、と思っていましたから・・・

朝からあいにくの雨。
寒い一日となりました。
さらに、私の体温を下げるような緊張・・・
IMG_1810_convert_20100327221607.jpg

↑謝辞のお役目が回ってきてしまったからです。
先週の3連休の悶々の原因はこれも含まれていました。
なかなか書けなかった内容でしたが、赤ペン先生のだんなにあれやこれやとお助けをもらい、なんとか書き上げました。

「卒園式、恥ずかしくてやだなぁ」
と言っていた末っ子ですが、とっても立派でした。

式の最後、退場の時はママ達に「ありがとう」と花束を渡し、一緒に退場します。
涙涙の卒園式、長女が入園してから7年、我が家にとってもほんとうの園からの卒園になります。

DSC_5569_convert_20100327221203.jpg


そして・・・
この日は小学校も卒業式。

緊張と泣きつかれた私をとっても癒してくれました。

IMG_1862_convert_20100327221441.jpg

悶々としてました。



今朝は、またうっすら雪が降っていました。
暑さ寒さも彼岸まで・・・
ずいぶん、あたたかくなってきたこの辺ではありますが、まだまだ桃色ただよう春は遠いようです。


あーーーっ
こうやってパソコンの前で、ブログれるのは嬉しい

心身共になんだか全く余裕がなく、3月が嫌いになりそうなほどでした。
仕事の方は、15日で一区切りがつき、また事務所に戻って仕事をしています。
15日まで・・・
IMG_1806_convert_20100322214122.jpg
↑こんな会場で、番号札を配ったり、職員の前に連れて行く前に内容を確認したり、書類の整理をしたり・・・
ですが、混みあう日は文句を言われたり、なんせ全く右も左もわからないド素人なのに、職員と思われあれやこれや聞かれたり、最初の2週間くらいはいつも涙目でした。

最後まで頑張れたのは一人のおばさんの言葉でした。
最初の週にいらしたおばさんに番号札を配り、内容を確認したりしました。

その日も混みあっていたので「今日は混んでるんですよねー、番号、まだまだですか?」と話しかけていると、その方が呼ばれました。

帰る時に「あっ、終わりました?早く終わって良かったですねー」と声をかけると
「あなたの笑顔のおかげで待ち時間も短く感じたし、かたーい雰囲気だと思って重い腰をやっとあげて出かけてきたのだけど、あなたのようなニコニコした方が出迎えてくれて気持ちが楽になったのよ、ありがとう」

もぉもぉ涙ものでした
とってもとっても嬉しかった
おかめ顔でよかったよー

おばさんの一言で、頑張れることができたのだけど、そのおばさんが最終週にひょっこりまたいらっしゃいました。
今日はだんなさまに頼まれてきたのだと・・・
この日はあたたかくお天気の良い日だったのですが、おもむろにカバンからポカリを出して私の手に握らせました。
「頑張ってね」と・・・

臨時一年生で何にもわからず、落ちまくりの日々だったのだけど、おばさんの一言があったからここまで頑張ってこれました、とお礼を言いました。
怒られたり、嫌味を言われたり、でもこんな風にあたたかい言葉をかけてくれる人もいる。
こんな人たちのために頑張らなきゃって1か月過ごせたように思います。

臨時もあとわずか・・・
今週はいよいよ末っ子の卒園式があります。
体調崩さないようにしなきゃね。


今朝の新聞で、小倉恒子さんの訃報を知りました。
耳鼻科の女医さんですが、乳癌の先輩です。
びっくりするくらい、乳癌と仲良く闘ってきた方です。
ほんとうにお疲れさまでした。
ゆっくり、ゆっくりお休みください。

いちごのショートケーキ。

IMG_1726_convert_20100310230516.jpg


今月末は、ばーちゃんの命日。
7年前、ばーちゃんは亡くなりました。

3月に入ってすぐ、ばーちゃんが危ないと母から連絡がきました。
義姉の家にだんなは義母と出かけていた時だったので、悩んだのだけど、長女と長男を連れ、車で出かけていきました。

実家に着いた時には、往診が終わり、ばーちゃんも落ち着いた時でした。
その日は、落ち着いたばーちゃんと少し話をして帰りました。

1週間後、また実家に向かいました。
その日はお土産に、いちごのショートケーキを買って行きました。

ばーちゃんは隣に置いたポータブルトイレで用を足すことはできますが、後は寝たきりすずめです。
ぼさぼさの伸びきった髪がキモチ悪いと言うので、寝かせたまま、髪を短くカットしました。
思い切ってお風呂に入ろうと誘ったのですが、無理だというので、ぬれタオルでよく拭きました。

着替えてベッドに寝かせると、すっきり顔をしています。
ケーキをあげようと思ったのですが、その時、子供達の顔が思い浮かび・・・

「アイス食べる?」と聞くと食べたいと言うので、雪見だいふくを持っていくと、「おいしい」と言って食べました。
ケーキはまた今度、いっぱい買った時にばーちゃんにあげようと思いながら・・・

その1週間後、ばーちゃんは逝ってしまいました。
ちゃんとお別れも出来ないまま、ケーキもあげれないまま・・・


ふっとした時・・・
たとえば、一人車に乗っている時、ばーちゃんのことを思い出す時があります。
このケーキをあげれなかったことが、体の内側をぎゅーっと鷲掴みにされたみたいに、痛く、涙がとめどなくあふれます。
この感情は、しばらくとめることが出来ません。

今日はばーちゃんの誕生日。
ばーちゃん子だった私には、大切な存在の人でした。
ばーちゃん、いつも見守ってくれてありがと

新しい命。

今日は友達が無事赤ちゃんを産み、退院したというのでお祝いをもって行ってきました。

生後10日の赤ちゃん・・・
ずっと見ていても飽きない
なんて透明感のある生物なんでしょう

IMG_1719_convert_20100307220923.jpg

赤ちゃんを抱き、我が子を見つめる友達もまた美しかったなぁ
母親ってキレイだわ

何よりも嬉しかったこと・・・
友達のお母さんが、私のあんこ好きを知ってて、ぼた餅を作って出してくれました(赤ちゃんよりあんこかいっ
しかも・・・
お土産まで持たせてくれました。
私が作るみたいに甘しつこくなく、ほんとにいくつでも食べられてしまいます
そんな幸せな一日でした
さっ、また明日から頑張ろっと

IMG_1724_convert_20100307221303.jpg

3月だぁ。

IMG_1710_convert_20100306232820.jpg


毎年、お正月休みが終わって「1月は長い」が口癖です。
でも、そのせいか、2月は瞬きしてる間に終わってしまいます。
毎年、この感覚はかわらないなぁ。

気がついたら、3月・・・でしたねー。
お雛様も滑り込みセーフ、2日の大安に飾りました
今年も残すところ、あと、10か月
相変わらず、バタバタした日々です。

今週は皆さんから嬉しいコメントをいただいていたのに、パソコンの前に座れず
何をしてたのか、寝不足で?口内炎ができてます。
これが辛い
寝ることは大事ですねー。
そんなお年頃です




最近、久々にハマっています。
一緒に臨時で働いているBさんから聞いた「手作りヨーグルト」
シャトルシェフと言う保温鍋で作ります。

IMG_1711_convert_20100307001113.jpg   IMG_1712_convert_20100307001224.jpg

材料はめちゃくちゃアバウトなのだけど、いつも牛乳1リットルにヨーグルトを大さじ4、スキムミルク大さじ2、砂糖お好み、ゼラチン5gをよーく混ぜ、人肌に温めて鍋にセットします。

これだけで、朝にはヨーグルトになっています。
タネになるヨーグルトによって味が変わるのですが、私のお気に入りはヤクルトの「ソフール」
おいしいです
長女はあまり牛乳を飲まないのだけど、ヨーグルトは喜んで食べてくれるので、まとめて生協で買う牛乳も残らなくなりました。

このシャトルシェフ、とっても働き者です。
朝食の後片づけをしながら、野菜とお肉を5分煮て火を止め、カレールーを入れて鍋にセットします。
するとお昼には、カレーが出来あがっています。
お豆も煮崩れず、上手に出来あがります。

あまり活用出来ていなかったのだけど、最近はお休みなしです。
もうしばらく、ヨーグルト作りに励んでもらおっと。



6歳。

今日は末っ子の6歳の誕生日です。

予定日は3月6日だったのですが、その年は「うるう年」で「29日だけは避けて下さい」と神様・仏様にお願いしていました

ところが29日の夜、確か、日曜日の中居クンのドラマを見終わった頃、おしるし

早くに病院に入るのは嫌だったので、ギリギリまで待とうと陣痛に耐えます。

さすが3人目、まだまだ、なんのこれしき、我が子のためならえーんやこーら・・・

私は3人とも里帰り出産をしました。

10分間隔がかなり続いたので、朝方4時、母を起こし病院に送ってもらいます。

が、長女・長男がおばあちゃんがいない時に目覚めたら大変ということで、父と兄に送ってもらうことに・・・

今から思えば、何でこの2人かなと思うのだけど、どちらか一人では心細いと言う、母の配慮らしい・・・

それにしてもです

家から15分かからない病院に行く車中、陣痛は1分間隔に

やっと病院についても、でかい男が2人いるのに、かばんを持ってくれるだけで、私を支えることなどしやしない

途中、なんどもしゃがみながら、ようやくナースステーションへ到着。

大男2人の付き添いをみて、看護婦さんが

「ずっとついて下さいますか?」

の問いに、なんのためらいもなく

「いやっ、すぐ帰ります」

と父・・・・

そ、想定内です、と陣痛をかわしながら、出産の準備を始める私。

そして、さっさと帰る、大男2人・・・

それから30分後・・・

末っ子は元気な産声をあげ、私の腕の中で抱かれました。

だんなにも電話をしたのですが、3人目の余裕なのか、すぐに駆け付けることもなく、結局末っ子の出産は独り占めでした

分娩台から報告の電話を実家にいれると、兄は

「結構ヤバかったもんなぁ、目の前で産み落としたらどうしようかと思った

と笑っています・・・

大男、デクノボウ、ウドの大木


末っ子へ

いつも家の中を明るくしてくれてありがとう。

ここまで元気に育ってくれてありがとう。

またこの一年、たくさんの楽しい思い出を作ろうね

IMG_1705_convert_20100301225836.jpg



プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード