初体験。

今年やらなきゃいけないことの一番にあげていた、大腸の内視鏡検査に行ってきました。

「下剤を飲む」これだけで、昨日の夕飯はあまり食べれませんでした。
急に変な緊張感にやられてしまった感じです。

昨日寝る前に小さなビンの下剤を飲んで寝ました。
朝、起きて普通のお出まし

朝食の準備をしながら、2リットルの下剤を飲み始めます。
ほんのりグレープフルーツ味で、思っていたより飲みやすい。
なんなく1リットルクリア。

さて、あと1リットル・・・
急にグレープフルーツ味が違う味に感じてきた
なんか気持ち悪い、後味が・・・においが・・・
だめだーっ、飲めない

10時までには飲みきって下さいと言うことだったので、しょうがなく、飴をなめながら飲むことに。
最後は「おえーっ」となりながら、一気飲み。

「これがおしるこだったら・・・」
何度、そんなことを思ったか

固形物はまったくなく、おしりからおしっこが出る奇妙な体験をしました

検査は1時から。
病衣に着替え、おしり部分が穴のあいたパンツをはいて、診察台へ。
軽く麻酔をするので、またまた意識がない間に終わり、しかも別のベッドに移動しています。
途中、腸の中が映し出された画面をみて、説明を受けたのは覚えているのですが・・・

帰りに、先生に呼ばれ、異常がないことを告げられました。
ほんとに、ホットしました。
まずい下剤を頑張って飲んだ甲斐がありました。


あーーーっ、ほんとによかったーーっ


帰りにケーキを買って帰ってきました。
長男や末っ子を待たず、お留守番をしていた長女と早速食べちゃった

今日はよく寝れそうです。
スポンサーサイト

慣れ。



先週、長女がクラスで第一号のインフルエンザになり、バタバタと増え、今週はとうとう学級閉鎖になってしまいました。
「もう、休みは飽きたよぉ」と長女は言うのですが、第一号としては大きな声で言えないセリフです。




だんなが、単身赴任になってから8カ月が過ぎようとしています。
先月、今月は週末に行事が多かったこともあり、ほぼ毎週帰省しています。

だんなは、進学のため上京してから、私と結婚するまで東京で暮らしていました。
逆立ちしてみても、都会で生活する人には見えませんでした。

第一印象は「不健康な人」
若かったあの頃ですら、本人も暮らしやすさとか離れられずに東京にいたわけではないと言います。

なので、週末に家で一人ぽつんといることや、一人電車でお出かけすることに楽しみなど持てない人なのです。
まぁ、家族が出来、家族と過ごす時間に慣れてしまったことも大きいのでしょうか。

4月から、週末婚の生活が始まり、相手を思いやることばかりではありませんでした。
時にはイライラした態度がお互いにセーブ出来ず、ぶつかることもありました。

週末にだんなが帰ってくる・・・心も体もそのサイクルに慣れてきた頃、自然とイライラも小康状態となりました。

「慣れる」大事ですね。

私は常に食生活の心配をしています。
仕事帰りにスーパーなどに寄るのが面倒だというので、前は、冷凍にしたおかずを送っていたりしたのですが、最近は切った野菜を保存袋に入れて持っていったり、卵やハムなどタッパーに入れて持って行くなど、食材を持ち帰り調理しているようです。

今日の夕方のメールで、「仕事しながら何気に今夜のディナーを考えている・・・そしたら、ネギ入れるの忘れた」

・・・そうだ、昨日帰る時、ネギ持たせるの忘れた
そう思ってから「今夜のディナーは何?」と聞いてみます。

だ「チンジャオロースーのモトがあるから、ニンジン・玉ねぎ・肉を炒める」

私「ニンジンは火が通りにくいから、チンしてから一緒に炒めるとさっと出来るよ」

だ「的確なアドバイス。料理は創造力、あとはセンス」

創造力にセンス確かにそうかもねー、考えたことなかったけど。


いろんなことを犠牲にしている離れ離れの生活・・・
だけど、得るものも多い。

お互い、成長しないとね。

作りました。

毎年、10月に実家の近くの山でアケビのつるを採ります。
リース用です。
今年も、先月実家に行った時に、姪っ子にナビをさせ、採ってきました。

IMG_1176_convert_20091122225213.jpg

1か月近く、2階の廊下で干しておいたのですが、さすがに片づけなきゃと、重い腰をあげました。
今年のリースです。

IMG_1342_convert_20091122225720.jpg

先日、ほったくるみの殻を今年はポイントに使いました。
千日紅とアジサイのドライフラワーも、実家からとってきてハンガーにぶらさげておきました。
松ぼっくりは100円ショップです。

右のリースは去年作ったものです。
去年は幼稚園のバザーに出すのに、よなべして作りました。
楽しい時間は寝不足もなんのその・・・
去年の話だけど、「若かったなぁ」なんて思ってしまいます
今年のバザーは、手作りをせずに、家にある物を提供したので・・・

CIMG7291_convert_20091122224935.jpg

↑去年のリースです。

そして、今日のおやつも作りました。
だんなが「チョコレートがだらりとかかったケーキが食べたい」と言っていたので・・・

IMG_1341_convert_20091122225344.jpg

メタボ一家には、かなり危険なケーキです

キャベツ。

今日は寒いです
寒いと思ったら、近くの山の上の方が白くなってました。
朝、末っ子のバスを待つ間、息がクリアに白い。

昨日・今日と午後からの出勤にしてもらってあります。
ゆっくりした朝、子供を送り出して(長女はいますが)まったりした時間は最高ですね

さて、最近採れたてのキャベツをよくいただきます。
今のキャベツは柔らかくて、一玉あっという間に食べてしまいます。

IMG_1334_convert_20091119101026.jpg

これは今、キッチンにある分で、まだ車庫には2個出番待ちしています。
「パンク」しているのは、やわらかくてとってもおいしい証拠です。

先日、義父が旅行でいなかった夕飯に、キャベツ鍋をしました。

IMG_1325_convert_20091119101329.jpg

私と子供達だけなので、ウィンナーと野菜だけですが、とってもおいしくてあったまります。
タレはこちら↓

IMG_1326_convert_20091119100921.jpg


子供から「Eちゃんちの、タレにして」とリクエスト。
前にEちゃんちで鍋パーティーした時に教えてもらったタレです。

ニラを細かく刻んで、そこに醤油と隠し味に砂糖と、好みでお酒少々。
たったこれだけなのですが、これがとってもおいしい。
子供達も「タレがおいしい」と絶賛。

野菜も食べれて、体もあったまれて、しかも簡単
おすすめでございます。


いらっしゃ~い!!

今日はみぞれが混じりそうなくらい、冷たい雨です。

流行にのって、我が家にもインフルエンザがやってきました。
長女です・・・やっぱり、容疑者だったのでね

ですが、見過ごしてしまいそうなほど、元気だったので焦りました。
新型は咳が出ると聞いていて、日曜の夜に「えへん虫がいる」と言ってはいたのだけど、月曜日の夕方になって、変に咳がでるねと熱を計ると37.8度

全然だるくないと言う長女を連れて、閉院ギリギリに診てもらうことに。

検査後、1分もせず呼ばれ、嫌な予感は的中、
「インフルエンザです、1週間お休みしてね」

なんでも、元気なインフルエンザ患者がたまにいるんだそうです。
その日は、36.8度でもインフルエンザが出たらしく、先生もびっくりしていました。

薬局で一度、説明も兼ね、リレンザを服用すると、夕飯後には36.5度。
その後、机に向かって宿題をしています・・・

なんだか、力が抜けました。
ものすごく重症化する場合があると構えていたので。
力が抜け、頭が回らず、長女を「隔離」することも忘れていました。

末っ子が通う幼稚園ではまだインフルエンザが出ていません。
ママ達の内緒話で
「園第一号は免れたいけど、今、かかっておきたいのよね~。誰か早く持ってきて!」
みんな「第三号」くらいを目指しています

昨日微熱がある末っ子を連れて行き、検査してもらいました。
結果は陰性・・・「ほっ」の感情と「ガクッ」の感情と、母は複雑。


今日も長男と末っ子は元気に出かけていきました。
さて、次は誰がバトンをもらうのか・・・

20年物。



先日、ビューラーを買いました。
写真の左側は今まで使っていたものです。
なんと、20年使いました。

今のギャル達のドでかいお目目を作るメイクではなかったので、正確には、20年毎日使い続けてきたわけではないのですが・・・

別に壊れたわけでもなかったのですが、なかなかまつ毛がびよーんとあがらない
それが古いせいだなんて、その時は思わなかったのだけど、ドラッグストアで「プロも使ってます」のポップにコロッと買ってしまいました。

写真でもわかりますが、見た目なんら変わりありません。
だけども、ほんのちょっとの力でびよ~~~~んとまつ毛が上がります。

正直、びっくり

ってか、なんで早くに買わなかったんだろ・・・

だって、最近、ところどころまつ毛が切れてるのです。
これは絶対、20年物のビューラーのせい・・・

考えてみたら、タオルとかも10年物あるなぁ・・・
バスタオルは裏の色が変わってる
穴があいてるわけじゃないから、捨てる基準までいかないのです。

物を大事に使ってる、と言うより、買い時に気付いていない・・・

これもまた性格なのですね・・・ズボラばんざーい

楽しい休日。

長男はすっかり元気です。
また、家からもれるやかましい声が、朝から近所にこだましています・・・

だんなは昨日の午後、帰ってきました。
長男の病み上がりや人混みは危険なので、今日はみんなで家でごろごろ。

そうは言っても、性分なので、朝からだんなはヒーターを掃除して各部屋に配置したり(今まで一つでしのいでいた)、新聞を束ねたり、あちこち片づけ、必要品を買い出しに行ったり・・・

まっ、それはそれで楽ちんです。
一人でコツコツ型なので・・・

私は、朝食後、お昼のカレー作りを始め、煮込んでいる間に、先日もらったくるみほりにチャレンジ。

IMG_1322_convert_20091115212725.jpg

フライパンで炒ったくるみを、くるみ割り器でわります。

ひろりんから送ってもらったくるみと、常連のHさんからもらったくるみの少しを今日は炒りました。

IMG_1321_convert_20091115212617.jpg

割ったくるみは、後はひたすらほりだします。
千枚通しでほりだすのですが、末っ子もやりたーいと来たので、危なくない竹串でお手伝い。
もくもくと2人内職のように手を動かします。
お昼までにはなんとか終了。
また、いろんな料理に使えそうです。

こんな風に、キッチンにこもるのは割と好き
子供達も、それぞれ好きなことを出来るようになり、時々、こもれるようになりました。

昨日の夕飯後も、プチひきこもり・・・
今日のおやつ作りです。

IMG_1320_convert_20091115212450.jpg

白桃入りロールケーキ
だけど・・・
焼き過ぎかなぁ
生地がちょっとパサパサ

長男の「ケーキ屋さん」訪問の時、ロールケーキのコツ聞いておくんだった

とうとう来たか?

昨日の仕事帰り、運転中に携帯が鳴りました。
見ると小学校からです。
「へっ
車を止めて電話に出ると、長男の担任の先生からでした。

「○○さん(長男)帰りの会に頭が痛いって言うんです。熱を測ったら38度あって、今保健室にいるんですけど、どうしましょうかね?」

うひょ~~っ、容疑者は長女だと思っていたので、長男なんて気にもしていなかった
でも、そういえば、週の初めからのどが痛いとか、めずらしく鼻声だなとは思っていたのだけど

保健室に行くと、担任の先生も一緒にいて下さいました。
「昼休みまで、汗かいて遊んでいたんですよー」
ちょっと照れくさそうな長男・・・

そのままかかりつけの病院へ行きました。
想像した通り、混んでいます。
みーんなマスクをしています。
中には、季節性の予防接種に来ている子供達もいます。

長男は「寒い、頭が痛い」と言っています。
鼻風邪などめったにひかない長男ですから、私の頭の中ではインフルエンザ扱い

やっと長男が呼ばれ、あの長ーい綿棒を半分くらいまで鼻に入れます。
見ていても辛い・・・

結果は、

陰性

あっ、あれ・・・
なんだか、肩すかし・・・

薬をもらって帰って来たのが5時半
我が家の夕飯は、だいたい6時・・・
義父はきっと「夕飯はどうなるんだ」と気をもんでいるね

そんな訳で、昨日は「タコス」もどき「タコスに似てる丼」

IMG_1315_convert_20091114133629.jpg

長男は、サンドイッチが食べたいと言うのでコンビニで買ってきました。
一つ食べ、薬を飲んで、横になりました。

私が寝るまで、おでこはあちちです

今朝、おでこをさわると冷たい
長男も「頭は痛くなくなった」

朝ご飯もたべれるとのこと。
今朝は、くるみパンを焼きました。
フルーツも奮発だぁ

IMG_1316_convert_20091114133404.jpg

午後、スーパーで会ったママ友から聞いた話によると、なんでも、頭痛くて熱がぐーんって出る風邪も流行ってて、脳外科医院ではCT希望殺到で、3~4時間待ちだとか・・・

鼻風邪ひとつひかずにここまできた長男よ、キミも「人並み」だったね
6年間皆勤賞を目指すキミに、母も精一杯協力&応援するよ

町のケーキ屋さん。

先週、長男の生活の授業で、自分の住む町を知ろうと言うことで、『町のお店訪問』と言うのがありました。
行きたいお店に行って、働いてる人にインタビューしてくるというもの。

銀行、郵便局、消防署、パン屋さん、文房具屋さん、花屋さん・・・
長男は意外にも「ケーキ屋さん」を選んでいました。

校外学習の時は、道中の安全などのために、保護者のボランティアを募ります。
遠足などもそうです。

ですが今年は一度も長男のボランティアに行けず、今年最後の参加になることから、行きたいと思っていたのです。
しかも、ケーキ屋さん行かないわけにはいかない・・・

長男の他に女の子と男の子の3人で目的のケーキ屋さんに出発です。
事前にインタビューの仕方や、写真の撮り方など、地元新聞記者の方から出向いてもらった授業もありました。

IMG_1231_convert_20091112224329.jpg   
ケーキ屋さんを取材する子供たちを、地元新聞が取材しています。
が、しかし、その取材する地元記者をまた私が取材しています。
・・・ややこしい

snap_anko842_2009114231949.jpg
保育園のおやつの注文のショートケーキ。
なんで四角かと言うと、三角だと倒れて食べにくいからだそうです。
夏場のいちごは冷凍物ですかと質問すると、アメリカからの輸入物なんですって。

IMG_1246_convert_20091112224600.jpg

この日はバースデーケーキの予約が入っていたそうで、デコレーションしています。
作業が手際よく、次から次へといろんなスィーツに変わっていきます。
IMG_1251_convert_20091112224719.jpg


シュークリームは一日120~150個くらい焼くそうです。
シューを焼く時のポイントを聞きますと、生地を丁寧に作るとのこと。
なるほど~。

1時間ほどの取材を終え、学校に戻りました。

子供達のいきいきした表情、食い入るような眼差し、我が子でなくても愛おしく、とても癒されました。
子供達の質問の倍、私があれこれ質問しちゃったような・・・

あーーーっ、ケーキ屋さん、楽しかったーーっ
人生、振り出しにもどれるのなら、今は迷わず「ケーキ屋さん」になりたい。

お楽しみ。



久々に、お弁当のアップです。
相変わらず、黒米入り玄米・切干大根煮・コールスロー・菊・アスパラ菜のおひたし。
今日は、そこそこ豪華な方です。

だけども、お弁当の向こうにちょこっと見えるデザート
どんなにお弁当で満腹でも、食後のスィーツはかかせません。
今日はたい焼き

あんこのおいしい季節です
・・・あっダイエットするんだった

「おかしいぞ」

夜、ブログを見ただんなからメールがきました。
そのタイトルが「おかしいぞ」です。

何がおかしいかと言うと・・・
「みんなブログを見て、ぱこみこさん痩せすぎじゃない?
なんてコメントしてるぞ。大丈夫か?」

確かにね~・・・
ひどいひどすぎる、今の私・・・
なんで、記念写真を撮るとわかっていて、ここまで放っておいたんだろっ

太っちゃったんです
私は太るとまず、顔から肉がついちゃうんですけど、昔はまんべんなく「おかめ」のぱっつんぱっつんの丸顔。
でも「オネエサン」になったら、張り出した頬骨に、その下が少しくぼんで、そして一気に「垂れでかほっぺ」・・・
なんと言って説明して良いやら、そうだな、数字の「8」をもう少しペチャンコにした感じか

案の定、昨日我が家のデジカメで撮ったデーターを見て、やっと現状把握
思ってた以上でした

そして、今日、昨日貸衣装屋さんで撮った写真の中で、どれを記念写真にするか選びに行ってきたのですが・・・
家族写真の着物を着たそのお方は、どこからみても

「野村サッチー」

あまりの衝撃に、とりあえず、今日の夕飯は食欲が「並」に戻りました。
またダイエットに励みます。
名付けて
「ショック療法」とか「衝撃ダイエット」なんていかがでしょうか・・・

七五三。

今日は末っ子の七五三をしました。
ん?「しました」なんて表現でいいのかな・・・

snap_anko842_2009110223453.jpg

七五三もこれで最後だし、タンスの肥やしになりつつあった着物を着ることにしました。
セット、着付けとしてもらわなくてはなので、なんと!美容院には6時入りです
今日はだんなにすべてあまえて家を出ました。
髪をアップにしての着ものはもしかしたら、結婚後初めてかもしれません。

どうしても今回着物を着たかったのは、最後と言うのもあるけど、実は前回長男と長女の七五三は抗がん剤が終わってカツラでの記念撮影だったからです。
カツラで家族写真を撮ることには、かなり抵抗がありました。
でも、自分の都合で1年先送りすることは選択にはありませんでした。

今では、忘れられない七五三となり、写真をみるたびいろんな思いがよみがえるけど、今の自分があることに感謝出来る思い出です。

乳癌発覚が、末っ子1歳の時です。
そんな末っ子も5歳・・・
また、みんなで家族写真が撮れたことが、本当に嬉しいです。

あの頃、抱えきれないほどの不安と恐怖の日々・・・
子供達を見ては、いくつまで「母」として成長を見届けられるのか、そんなことばかり考えていたのだけれど、不安も恐怖も取り除いてくれたのは、まだまだ手のかかる時期だった3人のこの子たち。

3人の七五三を終え、今日を迎えられた感謝と、とにかく健康で育ってくれることを願っています。

立冬。

今日は全国的にあったかい立冬となりました。
車を走らせていると、あちこちで白菜や大根を山積みに積んだ軽トラや、冬中食べる野沢菜を庭先で洗う姿が見られました。
あーっ、冬支度です

夕方荷物が届きました
叔父・叔母からです。

IMG_1271_convert_20091107222140.jpg

でーっかいくるみや里芋、家でとれた柿やキウイ、ずっと食べたかったぽたぽた干し柿・・・
「うわっ」「やぁーーっ」と子供のように、箱から出しました。

叔母は母の妹、春にぼたもちでもてなしてくれた「ひろりん」です。
ひろりんはいつも私の体を気遣ってくれています。
私が元気でいることを伝えたくて、ブログも見てもらっています。
そして、ひろりんがさりげなく、私の好きなものを送ってくれるのですが、またその影には叔父の紘さんの気持ちもたくさん含まれています。
キウイはどうも紘さん作らしい・・・
去年ももらったのだけど、売り物のようにでかい
ビタミンたくさん取って、風邪に負けないようにしまーす。

いつもいつもありがとう
まだまだ時間に追われる身で、何のお返しも出来ないのだけど、とりあえず私が元気でいることは恩返しの一つのような気がします。
紘さんやひろりんのような今を送れるよう、私も頑張ります。

いやはや。

月曜日、仕事帰り、いつもの国道を通らず、近道の県道から帰った時のこと。
何にもない直線で検問・・・
あまりに久々すぎて焦ったのだけど、一台前に止められていた車にはおじさん警察官、私に止まれと言ってる警察官は、おっイケメン、しかも若い・・・
・・・そんな場合じゃないっ

夕方のニュースで、県内でタクシー強盗殺人事件があったのだとか・・・
その検問だったのかな。

ちょっと前の新聞で、「通帳を拾い、報労金求め裁判」
なんと、こんな小さな街の「事件」でした。

なんでも、ある人が通帳が入ったバッグを拾い、警察に届けました。
その数日後、報労金が支払われず落とし主を訴えたのだそうです。
通帳にはあわせて2000万弱の残高・・・

報労金・・・拾った額の5%~20%以下を請求出来るのだそうです。
知らなかったなぁ。
いやっ、我が家は有り金落としたとしても、何の心配もいらないけど

数日後、またまたその関係の記事が新聞に。
「落とし主、争う構え・・・」
なんでも、通帳が手元に届いた時、商品券とジュースの詰め合わせをお渡ししたそう。
それで納得してもらっていたと思っていたのに・・・

うんうん、私もそれで終わりだと思うし、拾った側でも「こんなにもらってすいません」くらいなリアクション、きっと・・・

行列が出来る法律事務所だっけ?
ほんと、その世界ですね。

いろんな「事件」があります。

そんな訳で・・・
我が家の今一番の「事件」は、今日インフルエンザでお休みした子が、昨日のソロバン教室で長女と1時間を共に過ごしたってことです・・・

来る「事件」に備え、早く寝なければ、でした

文化の日。

昨日は午後から県内の山沿いでは初雪のニュース。
夜、実家の姪っ子からも5cmほど積もった写メが送られてきました。

今朝、布団の中で末っ子に「雪降ってたりしてね」と言うと、長女と2人で慌てて窓まで走って行きました。

DSC_5144_convert_20091103224158.jpg

見にくいけど、山の方と屋根がうっすら白い程度の初雪でした。


今日は、本当は末っ子の通う英語教室の「ハロウィンパーティー」
ですが、昨日11時頃になって「インフルエンザ流行のため中止」のメールが・・・
一品持ち寄りで、約150人の生徒とその家族で盛大に行われるはずだったのに・・・

DSC_5148_convert_20091103224245.jpg

我が家はシュークリームを作って行こうと、昨日のうちにカスタードクリームを作っておきました。
せっかくなので、朝食後にシューを焼きました。
またまた、甘いもの食べ過ぎ、危険危険

パーティーは中止になったのですが、今年は商店街の方の協力で、アーケード街を仮装した子供たちがお菓子をもらいに回ります。

幼児クラスから小学生クラスまでグループにわかれて回ります。
幼稚園組は8人でまわりました。
田舎の、しかも初の試みで、子供たちが
トリック オア トリート・・・」と歌をうたっておねだりするのですが、さっさとお菓子を渡し始めたり、接客中でお客さんがきょとんとみていたり、いろんな場面があって楽しかったです。

IMG_1200_convert_20091103224444.jpg

みんな何かしらの仮装をしてくるのですが、幼児クラスが一番華やかに手の込んだ衣装を身にまとっての参加です。ママ達の意気込みが感じられます

IMG_1201_convert_20091103224625.jpg

ハロウィンは終わっているのだけど、この日のために、お店のディスプレイもハロウィンのままにしてくれていたところが多かったです。感謝です。

IMG_1221_convert_20091103224748.jpg

小学生グループでメイドさんに扮してきた子達が、新聞社のインタビューに答えていました。
メイドルックも、すべて母の手作りです。

うまくいかないわ。

だんなが帰ってきて、ご飯をみんなで食べてる時のこと。
義父が、お米を保存してある冷蔵庫のスイッチを冬場だけ切ってもいいかと切り出してきました。

我が家は1年分のお米を、農家の友達から秋にまとめて買い、米用冷蔵庫で保存しておきます。
その冷蔵庫が、ちょうど義父の部屋の下あたりにあります。
普通の冷蔵庫と同様、低音の音がします。

でも、普通の人は気にならないレベルです。
義父・・・普通ではないんです、かなり・・・
近所でも有名な神経質なお方。

義母がよく話していたのですが、雨音が一定のリズムでポタン、ポタンと落ちる音で寝れず、夜中でも懐中電灯でその場所を見つけ、何かを置いて音が出ないようにする・・・とかね。
耳栓をして寝る、これも義父の「当たり前」です。

一度、私の声がでかいとイチャモンをつけてきたことがありました。
それこそ、でかい声で有名な父の子、どこまでもとおるでかい声は「当たり前」です。
その時は「お義父さんの好きなお嫁さん、探してくるといいよ」と流しました。

今までにも、除湿機は夜8時まで!とか、電気のスイッチをパチパチつけたり消したりしてた長男に「こんなことはしちゃならん、いいか、わかったか」と説教・・・長男1歳の頃です。
義父の「ルール」がいくつかありました。

かわいい嫁ではないので、肯定されると否定したくなり、否定されると肯定したくなる。
きっと、義父とは理解しあえない関係だったのだろうなぁ、前世でも・・・

それほど気にして生活もしていませんが、「音がうるさい」と言う人との生活は、なんだかいつも頭に何かがのっかってる気分。
そうは言っても、嫁主導の家なので、私の頭にのっかっているのが小石だとしたら、義父の頭にはかなりの漬物石がのっかってるはずです。

さて、実家の母。
とーっても耳がとおくなりました。
「あーっ、こうやって歳をとっていくんだなぁ」と切なくもなります。
電話でしゃべっているのに、私の声が聞こえなくなったのか、電話が切れたと思って切ってしまったり、とんちんかんなことを言って子供達に大笑いされたり、末っ子には

「おばあちゃん、もっと耳大きくして

なんて要求されたりもします。

出来ることなら、義父の耳と母の耳を取り変えてあげたい。
なかなかうまくいかないもんですね~
プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード