4月も無事終わる。

すみれ

今日もいい天気~
あっ、「今日もいい天気~」で思い出した

サザエさんのオープニングが今、新潟を旅するサザエさんになってます
棚田とかも出るんですが、実家に帰る途中にあるんです。
いつも県外ナンバーの車が止まってます。
ベストスポットなんだろうなぁ・・


と、実はあまりのんきなことは言っていられない・・・
今日はあまり余裕がない・・・

明日は家庭訪問
居間にお通しするのだけど、居間は今(実は余裕がある?)義父の部屋・・
今日掃除するわけにもいかず、準備できたのは玄関のお花くらい

連休前なのでお休みするわけにもいかず、ギリギリまで仕事・・・
と言うことは、ささっと掃除して、なんでもなかったような顔でお迎えして

無理だよぉぉぉ

だってささっとの掃除ではすまないくらい、してない・・・掃除
「部屋を見に来るわけじゃないからさ」
と、すでに終わった友・・・

はぁ
いまさら、しょうがないね
明日は念いりにメイクして、私がカラダをはってカバーしよう
オホホホホ・・・・

生花
スポンサーサイト

昭和の日

街

今日もとってもいい天気
午前中は洗濯三昧
カーテンまで洗えて、ほんとに気持ちいい

午後から長女は友達のおうちへ
暇そうな長男と末っ子と、プチハイキング

近くの公園まで歩いて行ってきました。
ここは、冬は市営のスキー場になります。
秋にはゲレンデの場所は一面のコスモス
今は・・・ただの畑・・・
と思いきや、何やら、おばあちゃんやおじいちゃんが袋片手に摘んでいる・・・

私たちも畑の中の遊歩道を上って行くと、木の芽やわらびがあちこちに
子供たちをてっぺんの休憩所でおやつを食べさせ、私は必死に木の芽摘み

いやぁ~、久々に歩きました。
あっちきょろきょろ、こっちきょろきょろ、かなりきょどってましたが、木の芽を摘んだり、お花の写真を撮ったり、楽しかったです

昔、歩くことしか移動手段がなかったころ、面倒とも疲れるとも何とも思わず歩いていたのに、いつの間にか、歩くことがめずらしくなってる生活に・・・
今って、すごく便利だけど、何もなかった昭和は、それなりに体に心に優しい生活してたのかも

木の芽

GW。

今日はやっとお天気
風はまだまだ冷たかったけど、やっぱり太陽が出ると気分も

なのになのにね・・・
いつもたばこを買いにきてくれる、感じのいいおじさまが
「あんた達、親子
「・・・・

相棒のまちゃは私より14歳年下の25歳。
確かに、一目瞭然で若いのはわかるけど、「親子」ほどに見えちゃった?

思わず
「やぁぁぁぁぁぁだ、そういう時は姉妹って聞いてくださいよぉ」
って言うのが、精一杯だった・・・

これじゃあ、14歳の母じゃないのさ
こんなことで落ちちゃうなんて、アタシってまだまだ乙女




もうすでにGWに突入してる人もいるんですね
不景気もあって、大型連休の人、多いのかもしれないですね。

どうでもいいけど、NHKって「ゴールデンウィーク」って言わないんですって。
「何がゴールデンだ」って苦情もあるんだそうで
なるべく外来語は使わないとかなんとか・・・

今年は秋にも連休あるんですよね
秋のおやすみのために、もう一回、給付金いっちゃう

咲きました。

今日は10度前後だったんじゃないかな、寒い一日でした。
朝、まだすっきりしない頭、肩もガチガチに凝ってるし
もしかしたら、冷えてる
腰にホッカイロ貼ってみる・・・
ん、なんかいいみたい

あんす


こんな私をプチ元気にさせてくれたのは、アンちゃんです
こんなにつややかで、やさしい赤色の花を咲かせてくれました。
ちょっと小首をかしげて、日本舞踊でも舞ってるみたい・・

あんす

アンちゃん、きれいに咲いてくれてありがとう
明日行けば、またお休みだから、がんばろーっと

片頭痛。

セクシー大根


こんな格好で失礼します。
わたくし、「瀬句市井 大子」と申します。

ぱこみこさん、今日は頭痛がひどいんですって。
早く休みなさいって申しましたの。

そうは言ってもね、夕飯だって、昨日の残りの炊き込みご飯、もったいないもったいないっておかわりしてらしたみたいだし、食欲はあるみたい・・・ね。
あっ、ここだけの話ですけどね。

明日の朝には、いつもの元気なぱこみこさんになってると思うわ。

わたくし?
ええっ、昨年の秋に採れたものですけど・・
でもね、今、スーパーに並んでるそんじょそこいらの大根とは違ってよ。

まだまだしゃきっしゃきの水もしたたるいいオンナ

雨の日のお休み。

スィーツ

今日は朝から雨。
しかも、寒い
今週、だんなは帰ってきません
土曜日の午前中は掃除の時間となんとなく決まっているんだけど、今日は朝ごはんを食べても目が覚めず・・・と言うか、体が目覚めず、二度寝しちゃおかなの誘惑には何とかのらず、久々にキッチンにこもり、お菓子作りしました。

まだまだ子供たちが小さくて、専業主婦だったころ、お菓子作りはストレス解消でした。
子供と少し離れ、キッチンにこもれるのが至福のひと時だったなぁ・・

今日は、スフレチーズケーキとオレンジケーキを作りました
グラニュー糖ではなく、きび砂糖を使うので、ちょっと色がつきます。

それにしても・・・オレンジケーキは上にレモンの輪切りをのっけたんだけど、こげちゃった
でも、子供たちは大喜び
久々に、母らしいこと、できたかな・・・
お母さんも、とーーーっても楽しかったよ

お酒の話。

ふと、気がついたのだけど・・・
私の話に、あまり父が登場しない

人間って正直なもので、苦手なもの、きらいなものは口にしない、のかも・・・

なぁんて言うと「父が嫌いなの?」と聞かれそうだけど、微妙な位置にいるんです、父に対する私の気持ち・・・

父は今となってはいいじいちゃん
長男も末っ子も、遊んでくれるし、自分たちを優先してくれるから大好きです。
じいちゃん、としては100点

でもねぇ、私が物心ついた時から、酒癖の悪い父、でしかないんです、あの人
飲まなきゃ、ほんとに「いい人」なんだけど・・・

酒癖の悪さ、その矛先はいつも母。
母の苦労を小さい時から見せつけられたら、そりゃ、嫌いにもなるっつーの、ったく・・(あっ、今シラフです)


私はお酒があまり飲めないから、記憶がなくなるとか理性がなくなることはまずない・・・
だから、父の酔った時の気持ちなんて全然わからない。
でも・・・酒に酔いたい、酔って発散させたいこともたーくさん、あったはず

きっと、テレビの前で「俺が一番の理解者」くらいに見てるはず

今日はおいしい話。

今日は、日中10度くらいしか気温があがらず、今もホットカーペット「強」です
桜が開花の頃に、これくらい気温が下がっていたら、もっと桜堪能できたのになぁ・・


ランチパック

つぶあん&マーガリン
ほんとにめちゃうまです
よーし明日も頑張るよん

ありがとうPart3。

結婚して、すぐにでも赤ちゃんがほしかった私たち。
半年くらいしても、なかなかコウノトリはきてくれません。

不安になり、産婦人科に通い始めます。
いろんな検査の結果、2人ともどこも異常がない・・・

それから1年半、毎月「よし!今月こそは」→「はぁ またダメだった」の繰り返しです。
ダメでもあきらめるわけにもいかず、落ちては気分転換をしながら乗り切っていました。

ようやく、コウノトリは私たちにお届物をしてくれます。
結婚から丸3年の春、長女が生まれます。
ほしかった女の子。
毎日毎日が新鮮で、「このまま大きくならないといいのに」と思うほど・・・

私が言うのも変ですが、長女はとてもしっかりしています。
小さな頃から、一度教えるときちんと身に付き、手のかからない子でした。
あまり、だだをこねたこともないし、無理を通すこともなく、あったとしてもちゃんと理由を説明すると納得してくれる子でした。

ですが、泣いて訴えたことがあります。
それは、乳がんの手術を終え、退院してきてから、やっと私とお風呂に入れると思っていたのに、私の方が思わぬ全摘でとまどい、入れなかった時です。

退院から3日目くらいに、お風呂に一緒に入ったお父さんに
「お父さんやお母さんは、○○○(長女)には隠し事はいけないって言うくせに、なんで隠したりうそついたりするの?なんでおかあさんとお風呂に入れないの?一緒に入りたい・・・」
6歳になったばかりの長女が、そう言うのです。

だんなは「もう、うそはつけないよ。あの子には言った方がいいよ」

次の日、長女と二人でお風呂に入り、なくなったおっぱいを見せました。
何も言わず、私が言うことにうなずくだけでした。

抗がん剤治療が始まり、シャンプーをするたびにどっさり抜け落ちる髪・・・
そんな姿も長女は見てきました。

抜けおちた、ハゲ鷹状態の頭を「かわいいよ」と言ってくれたのも長女です。

神様は、乳がんと言う、とてもつらい試練を与えますが、その前に、数多くの完全無敵の支え人を与えておいてくれたようです。


長女は、今日で10歳
ほんとうに今までありがとう。
これからも、末永くよろしく。
お誕生日、おめでとう




ありがとう Part2。

4年前、長男は4歳でした。
乳がん告知が3月31日。
その1週間後、長男の入園式を迎えます。

ですが、ひどいことに、入園式の様子が私の記憶から抜けています。
だんなと一緒に行ったことも、写真屋さんに行ったことも・・・

残っているのは、幼稚園からもらった集合写真と、写真屋さんで撮った家族写真の、ひどくやつれた笑みのない私・・・


長男の4歳の誕生日は私の手術から2日後。
手術前日、実家に子供達を預け、近くのケーキ屋さんでバースデーケーキを予約し、病院へとむかいました。

後日、ケーキの前で満面の笑みの、心から笑う長男の写真が届きます。
兄が撮ってプリントアウトしてくれたものです。
この1枚の写真にどれだけ助けられ、背中をおされたことか・・・


今日、長男は8歳になりました。
お父さんに似て、とても心優しい子です。

長男には、ずっと隠し続けてきた乳がん。
思い切って、病気のこと、おっぱいがないこと、話さなかった理由、私の気持ち・・・話してみました。
大きな傷跡にびっくりした様子でしたが「ごめんね」と謝る私に、男らしく「別に、いいよ」と一言。

親の知らないところで、子供たちは成長しています。
ほんとにありがたいなぁと思います。

たくさんのたくさんのありがとうを、長男に関わる方達と、長男に送ります。
お誕生日、おめでとう

なんだろ・・・。

今朝からのどが痛い・・・
乾燥して痛いのとちょっと違う痛み・・・

風邪、ひいちゃったかな

日中もくしゃみに、ものすごくひっかかりのない鼻水・・・
気を抜いてたら、ポタリと垂れちゃいそうな水っ鼻です

乳がんになってから、風邪くらいで受診しなくなりました。
だってねぇ~・・・
あの、聴診器で胸にあてる、内診がイヤなので

でもいつか、長男を耳鼻科に連れて行った時、鼻かぜの人が診察されてて、当然、鼻とのどしかみないんですよね!
「おっこれだ


そして、今日、ひどい鼻たれ小僧になる前に耳鼻科に行ってきました。
もともと鼻炎で、たまにお世話になっていた先生。
「そんな耳元ででかい声出されたら、鼓膜が破れるって
ってくらい元気な先生です。

ここから、しばし、夢の中へ。
ほっそい綿棒でくちゅくちゅ・・・
なにやらぷちゅーと投入・・・
うっ 想像では、のどまで何かが入ってる・・・
おーっ またまたぷちゅー・・・
最後にのどに思い切り のどぬーる・・・

いやぁ
泣きました、ってか涙がでました、勝手に・・・
辛かった

でもアレルギーの検査したんですって・・・
風邪じゃないの
薬もた~んといただいたんだけど、なんだか飲んでから鼻の調子、いいみたい

鼻の検査?治療?はイヤだけど、風邪と決めつけて内科へいっちゃうのも違うのね
お勉強になりました。

セカンドバースデー。

IMG_0094_convert_20090419222903.jpg

4年前の今日、乳がんの手術をしました。
2cmでみつかったしこり、先生は「温存手術で最短3日で退院できるよ」

ですが私の乳がんは、転移しないタイプと転移するタイプ、両方がお住みでした。
切れば切るほど断片陽性・・・

やむなく、全摘出となりました。


手術が終わり、手術室で名前を呼ばれ、一瞬意識を戻されるんですが、真っ先に
「転移してましたか?」と朦朧としながら聞いたそうです。
麻酔科の先生が
「私は麻酔科ですから、後で主治医から説明があります」
と言われたこと、この光景はなんとなく覚えています。


あれから、4年・・・
あっと言う間だったような、やっとここまで来たような。

ここまで支えてくれた、数えきれない方々に感謝します。
ありがとうございます。

うほっうほーーっ!



きました、きましたやってきちゃいましたーっ

・・・だんな、はまたこれから帰ってきますが、だんなではなく・・・

そうです
定額給付金ですーーーっ

我が家は子供が3人、だんなと私であわせて
なんと・・84.000円
なんだか、よくわかんないけど、麻生さんに感謝なのかな、どーなんだろ、でも誰かに感謝せずにはいられましぇん

その定額給付金、世帯主に振り込まれるんでしたね。
帰宅するとすぐに義父が封筒を持ってきて
「今日銀行行って、給付金おろしてきたよ」
と渡してくれたのですが、よくみると104.000円

どうやら義父の分まで入っているらしい・・・
義父に「はい、お父さんの」
と渡すと「これはいいよ、子供のおやつでも買って」
「えっ、おとうさん、気がきくじゃん
と、もう一人の悪魔の私・・・

でも・・・ここはぐっっっっっっとこらえて
「あはっ、そんな豪華なおやつ食べさせてないから大丈夫」
んーっ、悪魔に負けじと天使な嫁

「そーか、こんなにいっぱい使い道に困るなぁ、あはははは」

・・・・・困っているのなら、すぐに助けておやりなさい、と小さい頃から教えられています
義父、いつでも困ったら、使い道に困ったら、ヘルプいたします

寒いです。

今日は寒いです
先週までの夏日が異常だったのか、今日の冷えが異常なのか・・・

桜もあっと言う間に散り始めています
花の命は短くて・・・
今年、まだゆっくりお花見してないのに



いつもお昼はお弁当持参です。
でも今日は、あったかい汁物がほしくて、ミニどんべえ買ってしまいました
416.jpg
滅多にカップ麺食べないので、知らなかったんですが、こんなにかわいい桜が
なぁーんか、癒されたなぁ・・
お腹も心も満たされました
ごちそうさまでした。

食べてしゃべって・・・。

今日は高速1時間くらいのところに住む、叔母の家に行ってきました
叔母の家におじゃまするのは、約4年ぶり。
ちょうど抗がん剤治療が終わった夏の暑い日、カツラの上に帽子をかぶってた頃です

叔母には乳がんの治療中、ものすごくいろんな面で支えてもらいました。
私を案じてなのですが、母があまりに「5年も生きていられない」くらいのことを言うので、一度電話で「私がこんなにがんばろうとしてるのに・・・」と泣きながら電話を切ったことがありました。

長女として生まれた母は、人に弱音や相談などあまりできる人ではありません。
「娘が乳がん」・・・それは、本人以上に辛いこと。

母は叔母のところに電話をしてきたそうです。
そこで叔母は事情を知り、母や私をずっと支えてくれました。
いつもさりげなくしてくれる叔父もまた、気にかけ、けして表に出さない気遣いをしてくれました。

この4年の間に、叔父叔母もいろんなことがありました。
今日は、最初から涙腺が緩みっぱなしで、そうかと思うと大笑いしたり、でもたくさんもてなしてもらったので食べながら!とかなりハードな一日でした。
紘さん、hiroりんありがとう

つくづく・・私って幸せ者

415.jpg
すべて叔母の手作りぼたもちがめちゃうまでした

415b.jpg
お土産もこんなにたくさん末っ子は夕飯にぼたもちを5個たいらげました。

習い事。

民謡を習い始めて1年が過ぎました。
・・・しぶっ

そうしぶいのであまり人には話してません

なんで民謡かと言うと・・・
私は小さなころはじーちゃん・ばーちゃんっ子。
小学校に上がるまで、確かじーちゃんとばーちゃんの間で寝てました。

じーちゃんは民謡大好き人間
いつもテープレコーダーから民謡が流れていました。
小さいからか、別にうるさいとも思わず・・・


民謡ってなんとなく肺活量が鍛えられるかな、とか、免疫があがりそう、的な、ほんとにかなり思いつきって言うかイメージで・・・
でも、これもかなり妄想なのだけど、じーちゃんが喜ぶかなと思って。

月に1回のお稽古なので、1年で全く進歩なく、奥深い民謡の入り口にもいない感じですが、大きな声を張り上げて唄をうたうってすごく気持ちいいです

民謡

平均年齢60代のお姉さま、お兄さまの中にいるので、とてもかわいがっていただいてます

ふーっ。

だんなは夕方の高速バスで帰って行きました
21時には余裕でマンションについてるはずなのに、なんでも高速料金1000円の恩恵をうけ?渋滞に巻き込まれたらしく、だいぶ遅れたみたいです。

この2日間、子供たちはとっても楽しそうでした
特に長男が「お父さん、お父さん・・・」とうれしそうだったし・・・
でもそれは逆に、もしかして普段淋しい思いをさせちゃってるのかな、と不安にもなりました
どんなに頑張っても、父親の代わりにはなれないですものね・・・

インターにだんなを送って、近くにある広い公園に行って遊んできました。
キャッチボールにフリスビーにドッヂボール・・・・
子供たちは「楽しかったぁ」とお父さんのいない淋しさも少し紛れたよう。

しかぁーし、足腰がガタガタ言ってます
マズイ
かなりの運動不足、らしい

うふっ。

今日、だんなが帰ってきます。
10日ぶりの再会

先日の電話では、歩きすぎて疲れて足がもつれるんだとか
階段でもつれてこけちゃって、みっともないんだとか
疲れ切った声で話すんですが、こちらは想像するとおかしくて

田舎の車社会からいきなり電車通勤になったのですから、大変なんだろうなぁ・・・
少し痩せたと言うので、そこが一番の楽しみです

相手が痩せたと聞くと少しあせっちゃうんですが
とりあえず、久々にヒットのスィーツ

抹茶シュー
抹茶シュークリームですっ

お仕事。

コンビニで働き始めて2年半になります。
術後1年半、末っ子と日中を過ごしていて、急に襲われる不安に耐えられず、働いたら少しは乳がんのことも忘れられるんじゃないかと面接を受け、オープニングスタッフに採用されました。
末っ子は採用通知から2日後、今の幼稚園に未満児として入園させてもらいました。

このコンビニは家から15分くらいの、小さな町の国道に面したところにあります。
駅前に小さなスーパーがあるだけなので、このコンビニは、近所のお年寄りにはスーパー代わりだったりします。
市街地の人通りの多いせかせかしたところだったら、こんなにお客さんとも近い距離で接してもらえないんだろうなぁとも思います。
とっても、田舎のアットホームなコンビニです。

先日来店されたおじいちゃん
いつも、お店から山道を上ったところにある畑に行く途中で、お弁当を買うのに寄ってくれます。
畑作業をして、お弁当をそこで食べ、お昼寝をして、近くにある日帰り温泉に入ってから帰宅されるのだそう。
腰がちょっと曲がって、かすれ声のかわいいおじいちゃんです。

「ねーちゃん、ねーちゃん、こないだ買った漬物、ありゃちょっとうまくなかったな。とろとろしてたよ」
あれ??傷んでたのかな・・
そう思っていると
「あっ、これだこれだ、こないだの漬物」
指さした「漬物」は・・・・
メカブのネバネバサラダ
ん~、それはとろとろしているかもしれませんが、正常ですっ
「ねーちゃん」と呼んでくれる貴重なお客様です


毎日決まって同じコーヒーとパン・・・
こんなに毎日同じもの食べて飽きないのかな、そんなお客様はだいたい血液型A型だったりします。

意外とおやつの時間にスィーツを買っていかれるのは男性。
しかも黒ウーロンとかヘルシアをセットで
夏の暑い日はアイス一つ買って行かれる営業マン?の多いこと

旅行に行ってきたからと、お土産をわざわざくださる常連さん。
山菜食べる?袋持って車までおいで!と声をかけてくださる通りすがりの方。
菜っ葉持ってきたよーと、畑でとれたての野菜をくださるご近所さん。

接客業って敬遠してたんですが、こんなにあったかくて楽しいものとは知りませんでした
だから、裏切らないよう毎日笑顔で接すること、感謝することを心がけています。

菜飯
今日の夕飯は、いつも野菜をお店まで持ってきてくれるHさんがくれた菜っ葉を混ぜた「菜飯」

郷土料理。

先日、実家に行った時に、母が私の好きな「押し寿司」を作ってくれました。
実家の方では、お祝い事やお盆などのごちそうとして作られます。
押し寿司の型がどの家庭にもあって、重ねていく具も家庭によって違います。

材料
ごはん
具
具2
切る
押し寿司

① 材料は型と具と笹と酢飯。
② まず、型の大きさに切った笹を敷きます。その上にご飯をうすくのばします。
③ 具をのせます。
④ 今回の具は「ぜんまい煮」「切りこぶ煮」「サケフレーク」の三種類。
⑤ 詰め終わったら、蓋をして重石をのせしばらく放置後、型からはずし切ります。
⑥ 押し寿司のできあがり
 



お待ちしておりました。

祝菓

今日は幼稚園の入園式
末っ子もいつのまにか、年長さん。
こんなおまんじゅうの写真をアップしといて、子供のこと書いてもうすれるっちゅーの

入園式の祝菓は紅白まんじゅうです
このお店は受注専門店で、店先での販売はしていません。
なかなかいただけないのが、さらにおいしさを増しているのかも・・・

ここのあんこは、これまた甘さひかえめなんですが、ものすごくコクがあるんです。
目をつむって、静かに静かに一口一口味わいたい・・・
そんなあんこでございます

夕飯後、2つしかないおまんじゅうを半分にして、みんなでいただきました。
貴重な半分のおまんじゅう、大事に大事に味わいました

祝菓2

4年クリア。

今日は半年ぶりの通院
いつもの血液検査に加え、1年ぶりのマンモ。

1年前のマンモは20代のイケメン技師
こんないい男の前で、こんなあるかないかのおっぱい出せないと乙女心がキュンとしたのを覚えています

今日は「どーか、おじさん技師でありますように」と願いながら、レントゲン室へ。
ドアから出てきた技師さんは、願いが叶い、年配のベテラン技師さん。

でも・・・相変わらず、技師泣かせのシロモノなので四苦八苦
やっぱり、何度やっても、四苦八苦させちゃうって気持ちと、ないおっぱいを出さなきゃいけないって気持ちが切なくて終わった後、落ち込みました。


1時間後、診察室へ。
半年ぶりのおっちゃん先生は、相変わらず、疲れきってました。
疲れてるイメージ、裏切らないんだよなぁ。
エコーもやる気ある?ってくらい
「大丈夫、なんもない!」ってささっと・・・

毎回少しずつ、マーカーが上がってたのがすごく気になってたので、おっちゃんに言うと、グラフにしてくれて「今回は下がってるから全く異常なし」

マンモも、びっくりするくらいはじっこにしか写ってない私のおっぱい
とりあえず、こちらも異常なし!

今すぐとかじゃないんだけど・・・と切りだして、再建の希望も話してみました。
でも、そこはあっさり「再建は形成だから」とおっちゃん。
気を使ってか、看護師さんの方から
「乳がん専門看護師がいるから、相談してみる?予約入れられるよ」
とのことで、来週予約とってきました。
再建したいと言っても、よく知らないし、いろいろ聞いてみてから、形成外科に行った方がいいもんね。

今日は4年クリアと再建の話を切り出したのとで、病院を出る時にはかなりハイテンション
お天気もよくって、ほんとに気持ちよかったです。

と言うことで、ご褒美買っちゃいました
ご褒美
最近お気に入りのパワーストーンのお店で「ユナカイト」と言う石です。
ちょっと渋い色ですが、この石には「周囲との調和を図り、緊張や不安を取り除き安心感を与える」のだとか
しばらく不安とはおさらばできそうかな・・・

安らかに。

金魚

ちょっとリアルな写真ですけど、我が家の「でめちゃん」です。
昨日、ダンナを見送り、帰ってきて玄関で目が合いセクシーポーズを一枚
今朝、えさを3日くらいあげてないことに気づき、パラパラとあげると、がっつくように食べていたのに・・・

今日、仕事から帰ってくると、げた箱の上の水槽がない
長女が「じじがね、水槽のそうじしようとしたら死んじゃってたんだって」と教えてくれました。
朝はあんなに元気だったのに・・・


でめちゃんは、昨年の夏、お祭りで長男と末っ子と義父が買ってきて、家族の仲間入りをしました。
金魚すくいで、おまけにもらった小さな金魚と同居してたのですが、1匹だけ残って私たちを癒してくれていたのでした。

ダンナの着任日に亡くなっちゃうなんて、なんか意味があるのかな・・・
よく、ペットは身代わりになってくれると言うけど、私たちの難を受けてくれたのかな・・・
ちょっと気になります

でめちゃん、今までありがとう。
でめちゃんのことは忘れないよ。
またどこかで会おうね。
プロフィール

ぱこみこ

Author:ぱこみこ
2005年3月末っ子の断乳後しこり発見!4月、右全摘出手術。
化学療法
リュープリン2年
タスオミン5年服用。
2015年3月乳がん治療卒業。
「無事卒業だね」と主治医に言われるも、
なんとなく不安は残りつつ、
でも、毎日をおいしく生きています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード